なかがわ水遊園

なかがわ水遊園

 

★20171209:大田原市佐良土の県なか がわ水遊園は24日まで、恒 例のクリスマスイベン卜 「サンタの水中散歩」を同 館のアマゾン 大水槽で行っ てしヽる

 私が、この「なかがわ水遊園」を訪れたのは、春の一番良い季節であった。 花が至る所に咲き乱れ、この傍にある富士牡丹園も満開だったからである。 「なかがわ水遊園」の、有る場所は、以前から知ってはいたが、なかなかこの道を通過したことがなく、しばらく置き去りになった感もあったのである。

 この春の美しい時期、この水遊園には、鯉のぼりが入り口から掛けてあって、目を引いたのである・・・・当然、子供達は、うれしくかけずり回って、広いこの「なかがわ水遊園」を、楽しんだのである。 ところでこの水遊園は、どのような、ものなのであろうか? 実は、これは、水族館と考えれば一番適しているのである。そして、中では、ちびっ子等が水の中に手を突っ込んで、魚や、亀などと遊びまくっていたのである。 ここは、例年、ちびっ子が来る頃になると、それに併せて、色々な催しが有って、多種雑多な魚とかクラゲなどと遊びながら、観察できるようになっているのである。「那珂川周辺をたどる旅」「大田原エリア観光紹介」  「光丸山の大天狗の面」「那須ガイド」「那珂川の福寿草群落地」 ★那珂川町のガイドマップなど紹介します。

2016年:関連情報:那珂川あゆ街道イベン卜情報

?那珂川あゆ街道キーワードラリ一

「那珂川あゆ街道」には四つの「道のをはじめ、アユ料理を楽しめる飲食店などが あります。 7月から、やな、飲食店などが参加する 「那珂川あゆ街道キーワードラリ一」を実施しま す。3力所の加盟施設のキーワードをラリーマッ プの付属のはがきに記入し応募すると、那珂川あ ゆ街道の特産品などが当たります。 ()那須農業振興事務0287ー23ー2151

「栃木県なかがわ水遊圍j ?鮎のつかみどり  611(±)12日(日) 対象は4歳以上小学生以下。受付9時半、各日 2回実施(11時と13)各回先着40人。料金600 (2尾、塩焼き加工代含む)o ()栃木県なかがわ水遊園效0287-98-3055

「大田原市ふれあいの丘」  _鮎釣りレベルアップ教室?実技編. 619日(日)、那珂川町町裏 那珂川北部漁業協同組合との共催で初心者も参 加可能。定員25人、参加費2000円。 ()大田原市ふれあいの丘 0287- 28- 3131

 

なかがわ水遊園の春

「なかがわ水遊園」は、私の思うところ、茨城の水族館と同じで有るが、その規模が小さいと思えば良く、この水槽の中にクリスマス時期はサンタが現れたりして、皆と対話するなどの行事が行われるのである。 そして、一番の圧巻は、なんと言ってもアマゾン地方の外来魚が、歩く通路の周辺を泳いでいる姿は、丁度八景島の水族館を思わせるような、迫力のある造りなのである。 また、ここは那珂川である故、地元の魚などの水棲状況なども外から見て観察できるようになっている特徴も有るのである。

 

なかがわ水遊園出入り口付近 なかがわ水遊園

入り口から自然に誘導されるように、沢山の魚の水槽が準備されており、後は人の流れと共に入っていけばよいと言った感覚である。 人が多く魚類を湖小野時にはゆったりとは見ていられなかった! それほどこの時は子供達が多かったのであろう・・・

 

ここから中に入る入り口付近

色あでやかに飾られた内部は、小さな喫茶店が用意されている。 この右側の奥が、水素雨天時の場所になっているのである。

 

入り口の大きな水槽 水槽の中の魚

魚は、直ぐ目の前で泳いでいるが、これを待たずに次の場所へと、誘われていくのである。 何か顕微鏡があって、ちびっ子博士が研究できるように、色々なものが準備されておりこの区域は沢山の人で驚くばかりである。

 

綺麗に整備されている「なかがわ水遊園」

亀を渡されてたじろぐ子供! 確かに現代では、亀をさわるのも珍しくなってしまっているのかも知れない・・・・それにしてもふれあいの出来る地域ではこの様な、人混みで、管理している人も汗だくであった!

亀と遊ぶ子供達 水遊園の中で楽しむ

さて、いよいよ、一番迫力のある、外来生物の魚の登場です!!・・・何か怪しげなひれのある魚で色がややなまめかしい色の魚が天井から再度そしてはい声と迫ってくるのです・・・皆なんだろうというような過ををして見入っている姿は、井赤にこの魚群の迫力が有るからかを、物語っているのでしょう・・・・本当に素晴らしいコースです! まるで鯉のぼりが泳いでいるようです。

 

なかがわ水遊園内

そのた、小さな水槽には、綺麗な花のような熱帯魚がいて、目を楽しませてくれています。 残念なのは、水槽のため、カメラの焦点が合いません・・・・色の良いのは、色つきのイソギンチャクと言うところでしょうか? 本当に綺麗な色をしているのです。

水ものある風景 なかがわ水遊園内のイソギンチャク

この館内から外を見れる場所が何カ所かkりますがとても綺麗です・・・・外を見たときの様子をここにお見せしましょう・・・

なかがわ水遊園内から見る

先ほどの迫力有る場所の映像ももっと見たい方の為に、ここに入れておきますから参考にして下さい。本当に迫力があるのです。

なかがわ水遊園内 なかがわ水遊園内

何かマンボウみたいな、過をを下大きな魚が泳いでいます・・・子供らには、一番の人気魚でしょう・・・本当に、顔が変わっている魚ですから・・・・

なかがわ水遊園内の大きな水槽

走行してみている間に、風景は一転して、何か、南洋の土着民族の地域に到着したようです・・・・何かが出てきそうな雰囲気のある水族館ならぬ、熱帯植物園に出くわしたようです・・・・造りが面白くできていて、ディズニーシーに来ているようです。

なかがわ水遊園内 なかがわ水遊園内

しかしここは、動く動物はいませんでした・・・そう言った環境を展示しているのでしょう・・・・外から見れば分かりますが高いガラスのタワーが建っているのでそれがこの地域の熱帯植物園の造りとなっているのでしょう・・・・沢山の外来魚がいるので、日を取り入れる必要が有るのでしょう!

なかがわ水遊園内

しばらくこういった場所を探索するのです・・・そして再び水槽のある部屋に到達すると言った格好の造りになっているこの「なかがわ水遊園」なのです。

なかがわ水遊園内 なかがわ水遊園内

しばらくあるって色々な植物を研究観察いたしましょう・・・多分子供らの夏休みなどの観察レポートにはもってこいなのかも知れません。 ドーム頂上からの光線は熱く感じられる季節でした!

なかがわ水遊園内の温室

さて、また水槽の場所にやってきました・・・・熱帯の魚が色好く住んでいて、皆にその美しさをアピールしています。 このような美しい魚の場所は人が沢山いるので直ぐ分かるのです。

なかがわ水遊園内 なかがわ水遊園内

色の美しい水族館は、心をその美しい色合いで、洗い落としてくれるようでした・・・また、けっこおういろいろなさかなもいるものだとしばらく立ち止まって見入っていました!

なかがわ水遊園内の大きな水槽

ここのは、美しい珊瑚類も有るようで、このような自然のものの管理は大変なのだろうと想像するのでした・・・・一つ一つ学校の教科書と比べて観察すれば、本当に素晴らしい研究レポートが出来ること、請け合いです。

なかがわ水遊園内 なかがわ水遊園内の展示水槽

以上、なかがわ水遊園の美しい魚の研究レポートでした・・・・ここは天候は関係なく見れるので、いつでもいけますが、さくら市ですから、嘗ての名では、喜連川と言うことは、「桜の花と温泉」で有名な場所なのです・・・・大人の方は、疲れたときには、お帰りに温泉という手があるのです。 十分地図を見て、研究されてから行けば、素晴らしい観光資源が、比較的多い場所なので、お見逃しのないよう一言追加しておきましょう!!

▲ページの先頭へ