塩原 元湯温泉

冬の塩原

     塩原温泉の元湯風景です。 静かな環境のあるいろいろの源泉のある特別な塩原温泉といえる秘湯です。

 

 やはり温泉の良い場所は秘湯でなくてはならないのでしょう・・・・那須塩原インターから、大網温泉、畑下温泉、門前、というように過ぎて行くと奥塩原にいたり会津に抜ける尾頭トンネルというものがありますがそのずーっと手前に小さなhサヒがあってその端を渡ったら直ぐに左に曲がると否応なしにこの温泉にたどり着けます。 道の角には本湯と書いてあるのでわかります。 実は、この本湯温泉には他の道もあって、。新湯方面からゆく道もあります。 こちらからのほうが道が広いので逝きやすいかもしれませんが、最後に急な坂があるので冬は注意が必要でしょう・・・・この温泉の周辺にはとても綺麗な滝が沢山あるのでヘルシー七滝などと命名されていますが、暖かい時期にはお勧めですが、厳冬下では、ちょっと滑るのでおすすめできません・・・・やはりここはゆったりと温泉に浸る旅を楽しむのがベストということになります! ★関連情報:「関東湯治場一覧集

冬の元湯紹介写真集 元湯説明
先ほどの道を曲がると、直ぐに登りにさしかかりますが、雪が有るときでもこの程度です。除雪がされるので心配はないのですが、結構氷で覆われる朝晩は滑るので気を付けましょう。
私はいつも雪の多いときにこの道で元湯に行きます。素晴らしい温泉です。温泉のみならず、この雪景色が何ともいえないのです。
ここは、周辺が山で覆われているので風はそれほど強く吹くことは有りません。
会津方面、那須方面の山々が、目を楽しませてくれます。
行くがある時にはこのような風景となります。ただし温泉地に入ると沢の所なので見晴らしは有りません。
木々は、完全に冬ごもりで、檜葉、杉、以外は、はを落として春を待っています。そこに雪が積もって独特の山の表情を作り出しています。
いよいよ、沢に来ました。橋が有ります。ここが元湯です。右を見ると小さなこじんまりした温泉が見られます。
 ここが、素晴らしい秘湯の元湯です。
温泉街は3軒しか有りませんが、これがかえって各旅館独特の雰囲気を作っております。
一番遠くの上が、大出館、次が源泉館、そして老舗えびすやです。ここから、塩原の温泉祭りの湯が汲み上げられていくのです。
「塩原温泉本湯の地図」

 

美しい元湯近辺の冬景色です。一度は訪れてみたいところです。
 参考までですが、この道で来た場合先ほどの橋から、新湯の方に抜けられますが、積雪が多いとこの元湯からそちらに抜けるのは、結構さかがきつく戻ってくる車が多いです。しかし、抜けられれば、20分程度で新湯に行けますから、そこでむじなの湯、寺の湯等々楽しんで言っては如何でしょうか・・・、楽しいコースです。

コース概要:塩原温泉町中から元湯まで約30分程度。
        元湯から新湯まで約20分
        元湯の日帰り入浴可能。
        新湯の外湯巡り 3カ所あって、可能。
     以上です。気を付けていらっしゃってください。