真岡 桜祭り 2017

真岡 一万本桜まつり

    ★20180320: 真岡の桜について・・・

  真岡市の桜は、千本桜渡渉される場所があります。 そして、革の縁を巡りながら桜を楽しむコースもあります。 最近では、機関車と桜、電車と桜、というように色々な鑑賞の仕方があります。 中でも街なかの行屋川桜まつり(行屋川水辺公園)周辺の桜が、最も有名で、探索するのも素晴らしい場所です。 栃木県真岡市台町4172-1   であり、 市街地の中心を流れる行屋川の両岸に樹齢およそ80年のソメイヨシノの古木200本が咲き誇り、 隣接する城山公園・真岡小学校といったスポットの桜も彩を添え、まさに桜の競演といった風情を楽しむことができます。 ここでは、この場所を主体として紹介しています。

真岡行屋川の桜

     この川の側道は、とても良く出来ていて大通り辛わ分からないが車の通過する道の下に歩道が整備されておりここを通るとほぼ全域に渡り桜を楽しむことが出来る。 川の流れと桜の反映を楽しむのも良いだろう・・・

 ここでは、真岡の桜祭りの様子を紹介しています。 名称は、「一万本桜祭り」と称されています・・・そして、真岡では、沿線の写真撮影など行事が盛んに行われています。 何か一万本といわれると驚くようですが、この町には昔からの美しい桜並木が沢山あるのです。 そして、宇都宮辺りで見るよりも街中が込んでいないのでゆったりとした気持ちで桜の鑑賞ができるのでお勧めです! 真岡鉄道の沿線に広がる桜並木提も素晴らしく、汽車の煙を見ながらの桜の楽しみもいたるところから楽しめます。 街中を川が流れており、そこを見ながら楽しむ散策の楽しみも格別です。 ★ 「さくら紹介カテゴリー集

真岡行屋川の桜

     ちょっと橋の上から展望すると、桜の梢のすぐそばに出ることが出来る・・・・桜と小川という組み合わせは十分楽しめるといえる・・・

     「真岡一万本桜として有名な真岡!」 「花咲く桜の時期」訪れてみてはいかがでしょうか・・・

 1)さくら 2)桃源郷(桃の花)、 3)桃の花 4)花ドライブ  5)ザゼンソウ 6)カタクリの花  7)梅の花 8)つつじ 9)ボタンの花

     ★ 真岡市さくらの楽しみかた: 行屋川桜まつり: ここで詳細に紹介している場所です。  井頭公園桜まつり:ここも公園で名高い桜が多い;  北真岡地域ふれあい桜まつり、 桜町千本祭り 、桜町陣屋桜まつり、 根本山桜まつり、 熊倉神宮桜まつり、などが次々と行われる! 場所によっていろいろ紹介が、桜みちくさマップによって紹介されているので、これを片手に行くと良くわかるそうです!、

     

      ここから川沿いの桜が素晴らしく見え隠れする地域なのである。 行や革自体あまり開発が進んでいないので昔の情緒がとても残っている場所なのである。 それと桜がうまくマッチしてほんとうに美しい! 行屋川の並木道と呼ばれる場所で桜を飽きるほど見て歩ける! この川は、少しカーブしており真岡市内の一番の通りを横切って海潮寺という寺の周辺まで来ると桜と山門の美しさが見られ最高潮を迎えるのである。 今回は佐の先まで行ってまた反対側の土手を歩き桜を楽しんだのである。 また、この木綿会館から北に来るまで7分くらい走ると北真岡と呼ばれる地域があるがここには菜の花と機関車と、桜が見られるすばtらしい地域が展開する。真岡市に北からには絶対のおすすめの地域なのである! では、前置きはこの辺にして、真岡の桜を楽しんでみよう・・・

     ★下の図で青の色は、おすすめの回遊コースです。 ほぼ位置時間程度でしょう! また桜の多い場所が、ピンク色の場所です。この川沿いが行屋川とおりです。 川の両側に咲くさくらは素晴らしく、一般の花見の場所と比べて人数が少ないので十分楽しめて、穴場なのです! お子様連れには最高でしょう・・・ 尚、下の方でさくらと菜の花そして電車のコースは最もおすすめのコースで、かなりの人で賑わいます。 ここは、北真岡駅の東で、大前神社の裏手当たります。 運がよいと期間者の煙と一緒に走る列車と出会えます! カメラマンがめっぽう多いということです・・・

真岡市さくら探索おすすめの場所 

真岡行屋川の桜

     ここは真岡の私立学校があって見晴らしは抜群でありその脇に細道が整備されておりそこを通過すると市内が展望することも出来る! よく出来た楽しみの道筋といえるだろう!その下にこうした講演が整備されており市民はこの周辺で楽しむことが出来るのである・・・

真岡行屋川の桜

     昔風の道でありこうした佇まいは、いつまでも残しておきたいものである! 咲くjらの記事帯がそれほど古くないので桜の生育も元気が良い!

真岡行屋川の桜

     これが小学校の川べりから見た光景・・・最もこの小学校は山の一番上に立つ学校であり城址跡の側に立っているといって良い・・・・しかし城址自体は見当たらなかった・・・

 

真岡行屋川の桜

     やや川べりの上の方から見ている俯瞰風景・・・とても綺麗である・・・・丁度学校の下から見ているわけであり、この周辺が明日の祭りからは混雑する場所となる・・・

海潮寺の桜と山門

     海潮寺と呼ばれるこの地域の古刹・・・・山門が古くこの威厳は、素晴らしく鉄の橋で渡りはいることが出来る・・・このしゅうへんはやや桜が少なくなってしまうが、見落とさないように・・・

真岡行屋川の桜

     反対側から見る側の光景・・・・このへんがさくらなみきの最終地点といえる! 桜の花びらがチラホラと散りだしている・・・桜もこの次期が一番きれいな時期でもあるが・・・行屋川川面に咲くjらが散りばめられている光景・・・・

桜花びらとたんぽぽ

     桜の木の根本ではこうした美しい春の息吹が感じられる・・・

真岡行屋川の桜

     それほど橋が多いわけではないが、途中途中に掛かる橋が、この時期の桜に囲まれてその美しさを醸し出している・・・

真岡行屋川の桜

     もうすっかり春めいてきて緑は多く、何か初夏を思わせるような時期に入ってしまったような感覚に浸る・・・・

真岡行屋川の桜

     大通りから少し南に下る道をゆくと古刹が見られる・・・・大谷石で囲われている川の傍、古風な出で立ちである。 そこにオレンジ色の鉄橋がかかっている・・・・そしてその下に歩道が整備されており散歩、ハイクにはもってこいの場所といえる・・・・ここは、この他五行川脇のサイクリング道路も整備されているので至れり尽くせりの場所でもある・・・

 

北真岡周辺の桜

北真岡と桜並木、菜の花

     さて、桜とお別れして車で7分程度ゆくともう北真岡である・・・・ここはかの有名な鉄道、機関車が走る春の名所である・・・・・最も帰還者は休日だけであり平日では通常の一両電車が走る。桜が本当に長く線路脇を飾り、そして菜の花が北真岡駅からリス村まで続く・・・・この光景は本当に素晴らしく、最終的には五行川の畔に達する。そしてその川の縁にはあの有名は日本一の恵比寿様で有名な大前神社が鎮座しているのである。 

真岡線と桜並木を走る列車、そして黄色く輝く菜の花群落

     この光景を見れば、だれでもわかる超有名な列車と春の息吹を感ずるであろう地域・・・・そう、北真岡の風物詩である・・・・ほんとうに美しい光景である! 真岡自体それほど大きな街でないのですぐに次の名所にゆくことができるので全部見て歩くと良いだろう・・・ それにしても、桜がこれほど咲いている場所に車で行けるのも珍しい・・・車の中から桜見物したり、汽車を観覧したりできるのは、この真岡のエリアくらいと思われる・・・・他の場所では、ごった返している桜の鑑賞場所が、多いからです・・・桜並木に、民家があることも、この地独特の風情なのかもしれません・・・ここからは、「金運神社の、大前神社」もあります。

北真岡にて

     桜と菜の花と列車の美しい組み合わせをいつでも見ることの出来る団地が目の前に展開している・・・・尤もこの春の時期だけではあるが・・・・

リス村でうさぎと戯jれる人たち!

     この菜の花の終わりには丁度リス村があって子供連れの人たちが花を見たり、リスをかまったり、そしてうさぎとひとときを楽しんだりと大忙しの時期であり、最近では、ポニー、やぎ、そしてダチョウまでいるから驚かされるのである・・・・

     良き一日を真岡の美しい桜とかんれんかんこうおちですごしてみては、いかがだろうか!

以前の情報:

 


その他の関連情報 2015年行事

  1. 20150925:簑沢から茶の里公園、そして茂木城址公園の彼岸花を見るルート紹介!
  2. SLと四季の真岡線を撮り歩こう写真教室・・・この写真教室ですが、沿線の地域振興を図るまたは、真岡線に来て頂いた方との親睦を図るのと真岡線沿線の魅力を知って頂く目的で 春・夏・秋・冬の年4回、行う予定です
  3. 真岡鐵道 「第4回写真教室」~SLと真岡線沿線の四季を撮り歩こう~

  20170409:真岡の桜を先日みに行きましたが、先週はまだつぼみで列車の通る回りには沢山の菜の花が咲いていましたが、桜はぜんぜん咲いていませんでした。 今日は雨の日で咲き出しているでしょうが、せっかくの休みが無駄になってしまったようです・・・今度の休みまで持つかどうかなかなか難しい良そうです・・・きっと、花散る桜を見ることは出来るのでしょうが・・・本当に今年は天候が悪く桜見物は、無駄になるのかもしれませんね!! これでは観光業の方が、大変ですね・・・・困った天候です・・・また、火曜日は雨という予報が出ています・・・

 2013年は、早咲のさくらなのでこの期間に桜が持つかどうかわからないが、ほぼ4日で満開に達していたのです!・・・真岡の桜は、意外と見るのに駐車場など見つからず町中を通過するのであるが、そうしても余り桜は見られない。 やはり行屋川沿いの桜を見る必用があるのである。 今回は、木綿会館からゆったりと歩いて探索することにした! 木綿会館から北に向かい広い道を北に進むと行屋川野入り口に達する(下の桜並木お薦め参考地図参照)。

     ★真岡グルメ祭り・・20141108から9日の両日グルメ祭りが開催されて、美味40種類が集結するそうです・・・真岡いちご飯バーガー、鹿沼ニラそば、佐野名物いもフライ等館内25市町村のグルメが全体で34種提供されるという・・・

    真岡市は、一万本桜祭りと題して桜祭りを2014年3月31日から5月6日までから行う予定・・・・。 そこで今年のおすすめのさくらコースを細かく紹介してみましょう・・・最新情報:真岡市の専修寺で秘仏が公開されて賑わっている。 ここは親鸞の国指定の史跡で、善光寺からの秘仏が納められており昨日20140329日に公開された!(詳細:0285-83-8135真岡観光協会へ)

★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

  pagetop