新井ろうばい園 安中

新井ろうばい園 松井田

   今年2016年から2017年は、すでに咲いており6分咲き、とのことです。周辺はロウバイの花が、見られるので探索してみてはいかがでしょうか・・・ 

 毎年早春になるとろうばいの花が木になります。 今年2015年もろうばいの満開時期が来ていて雪、そして霜などが気になります。 ろうばいの名所というと、これが意外と少なく多くの木がある場所は本当に少ないのです。 山肌で咲くろうばいの木、神社で咲くろうばいの木、花をつける場所は、そういった場所が多いのでしょう・・・しかしここ安中のろうばいは、素晴らしく歴史的にも認められている地域です。 ろうばいの郷という場所は、あまりにも有名になっているのでご承知の方々も多いでしょうが、今日はそうした場所の手前にある新井ろうばい園を紹介してみましょう・・・★「ろうばいの花と周辺ガイド 1」「ろうばいの花と周辺ガイド 2

まずこの地域には、高速道路近くから見る妙義山の美しい風景・・・

     ここは毎年訪れていますが、畑いっぱいに咲いているろうばいが売りです。 ろうばいの郷と比較すると、広さでは負けますが、こちら新井ろうばい縁は、個人の営業をやっている店です。 店というとろうばいを販売している店と勘違いしますが、この安中のろうばいは、まず18号線の道、もっと細かく言うと、松井田の町から北に向かってトンネルを進みその先にすぐに見えてくるのがこの新井ろうばい園なのです。

トンネルを抜けてから北に走ります・・・

    道の途中にややカーブしている道筋に新井ろうばい園の案内の看板が出ていて、すぐに分かります。 案内看板のとおりに進むと右側にろうばいの花が咲いている広大な農地が見えてきます。 そこには、ちょっとし他、店が舞があってそこでいろいろなものを販売しています。 ろうばいの木を切って販売しています。 これらのろうばいの木々は、家に帰ってから一週間から2週間もの間花をつけてみなの目を楽しませてくれます。

途中細い道ではもう菜の花が咲いていました・・・

     蝋のようなきれいな末期色名花びらがなんと言っても素晴らしく満月ろうばいに至っては、その匂いが素晴らしく、室内が春が一度に来たように感じられるからです・・・購入したときには、それほど大きな枝振りではないような気がしますが家で過敏にさすとさすがに大きく着られており驚かされるばかりです。

新井ろうばい園の入り口

     この周辺の特徴は、至る所に、ろうばいが咲いています。 それらすべてが広大だという意味ではありませんが・・・ 道の角とか、民家の庭などです。 そうしてみていると急にろうばいの木々が多く見え隠れして広い農地がすべてろうばいで埋め尽くされている場所があります。それがこの新井ろうばい縁なのです。 赤い旗がひらめいており、この時期独特の風情が感じられます。 この新井ろうばい園では、周りが民家とか、工場が見えるので変わった風情が感じられるろうばい園です。 国道からそして、安中の町からうらみch時で来ることもできるようですが、初めてのかたがたには分かりにくい未知なので標準のコースが良いでしょう・・・

新井ろうばい園で見るろうばいの花

     安中市の紹介ページでは、この新井ろうばい園の広さは、2,000平方メートルの園内に700株、7,000本のろうばいが咲き乱れ手いると紹介されています。 実際自分で尋ねてみると、あの程度で7000本のろうばいかとうなずけます。 ここでは、切り花・苗木・竹炭・蜂蜜・野菜の販売をしており、ろうばい園は見るのは自由であり、無料です。 道の方から畑の方に外側の道があるので探索するとろうばいの香りが素晴らしくします。 探索路はないのですが、あぜ道に沿った道でいろいろな角度からカメラを楽しむこともできるので、若い人には人気の場所のひとつです。

新井ろうばい園の店先で

私は、いつも松井他のろうばいを見に行くときにはこの店によるようにしています。 ここまでくるとやっと安中のろうばい園にきたという感じがするからに他なりません・・・とても黄色のろうばいの花が一面咲いている感じは素晴らしいものです。

新井ろうばい園の周辺の様子

ここは、比較的山陰の地域であり、南側に山脈があって他の山は見ることの出来ない地域です・・・・ということは比較的風は少ない方です。 ろうばいの郷の方はというと、あちらは、この新井ろうばい園からかなりの距離があって、一山登ってゆくわけですから、かなり高い場所にあるのだということがよく分かります。 この新井ろうばい園からは、園地域を見ることは出来ませんが、山筋は見ることが出来ます。 

新井ろうばい園の案内板

この地域は、この場所に下を信越の新幹線がもぐって走っている場所です。 軽い沢まで地下を這うように走っているのです。 西の方向を見ると中仙道の山で苦労した場所、軽井沢への峠道である、碓氷峠が見えています。 それに比較してこの新井ろうばい園の方は、比較的平らな場所で盆地を形成しており北方向も山並みが見えるだけで遠くの榛名山の山並みは、近くの山並みに隠されて、隠れて見えていないのです。

畑に植わっているろうばいの木々 匂いが風で漂う時期になっている

この新井ろうばい園は、開園期間がほぼ例年 12月17日(水)〜 年2月下旬 ころまでです。  この時期の花の開花などは、ちょっと早すぎて他の花は咲いていないのが常なのです。 ★」参考:「安中地域の花々開花紹介

ろうばいの花はやはり青空のときが美しい

     ★ご参考: せっかくこの場所まで来たのだから他の場所も見て帰ろうという方々のために周辺ガイド案内を作ってあります。 参考にして温泉地などを見て楽しんでみてはいかがでしょうか・・

荒井ろうばい園のろうばいの花と木

以上安中の松井田町にある新井ろうばい園の様子です。 手ごろな場所にあるのでぜひ立ち寄ってみてください。 ろうばいの花はいやというほどあります。 ろうばいの、花枝の販売もやっていました。

★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

花情報、新情報は、「TOP Page」 から!

秋の花情報集  

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!