錦鯉公園と梅の花

梅の花咲く錦鯉公園・2010

 ☆☆ 最新情報: 「★おすすめ情報・・・花開花歳時記 参考に!」  20130314 「満開の筑波梅林」  「20120221現在の梅の開花情報」  「錦鯉センターと蝋梅」 「鹿沼上永野の蝋梅の里」 「群馬蝋梅の郷」 20100219: 梅の美しい足利西渓園     
例年この錦鯉公園の梅の花は、素晴らしく咲くのです。 県内でも多分まとまって咲くところでは、個人的な見解ですが、一、二を争える場所と思っています。 はっきり言わせてもらえば、観梅の一位は、足利西渓園の梅でしょう・・・・そして二番目になるのが、ここの色鮮やかに咲く梅林・・・それがこの鹿沼地域にある「錦鯉センター」です。 両者とも個人の経営する梅林ですが、こちらは会社の所有物であり、しかも両者とも無料で見せてくれるのが素晴らしいところです。 白梅が沢山あって勢いの良いところが、 足利西渓園の梅、そして、色鮮やかに咲く紅梅ならばこの地と言えるのです。 ここの特徴は、錦鯉の販売もやっており、釣り堀、池のボート、そしてバーベキュー等と他藩名施設があるのでありがたい場所です。そして何よりも有利なのはこの地に来て他の場所に移動するときの便利の良さです。 丁度高速道路では、鹿沼インターと宇都宮インターの中央に位置しているところから、日光方面、そして栃木方面などへ行くのには、どちらも好都合なのです。ドライブがてら訪れるには、もってこいの場所となるのです! 今日は、この錦鯉センターに焦点を当てて紹介してみましょう・・・・

     2012年2月の梅の情報: 今日は、久しぶりに鹿沼の素晴らしい錦鯉センターの梅の花の情報を見てみましょう・・・・本当に今年2012年は寒くなかなか梅の開花が遅れていますが、ここ数日の暖かさで紅梅がほころびだしました・・・・やっと春がきたようです。 ここのロウバイは少ないですが満開を迎えてえイました・・・

紅梅が咲き出しました

やや遅咲きは、この程度の開花

錦鯉センターのロウバイは満開状態


 

錦鯉公園のロウバイ

     2月の第三週(2/14)、この地域には雪が降りました・・・・大雪ではないにしても降る回数が多いのです! 時期的には寒紅梅が咲いているだろうと言うことで訪れてみたのです・・・・先ず、目にとまったのが、これらロウバイでした・・・・雪の中に元気に咲くロウバイが花を下に向けてまるで雪を除けているように咲いていました! 通常では、暖かい年ではこれらロウバイは、色がくすんで茶色くなるのですが今年はまだまだ見頃です・・・・それにしてもここ錦鯉公園にこんなにロウバイの気があるとは思いも寄りませんでした! ここは若木が多いので、今後は大きく期待できる場所となるでしょう・・・・

     周辺は雪が原になっていました・・・・一般の車は雪が怖いのでバスを利用する方々が多いのです。 やはりこの周辺は北国とは違うようです・・・・それでも元気にロウバイは咲き乱れておりました!

     紅梅の美しさが、身にしみて感じられました・・・・本当に素晴らしい色で皆を感激させてくれるのです・・・・この時早朝でも5人程度の人が来ていましたが、皆カメラ片手に来ていました・・・・やはり雪と梅の対比を撮りたかったのでしょう・・・・

     こんなに沢山の紅梅が、もう少しで咲き出してしまう状態でした・・・ここ関東では例年は雪が少ないので木々の芽も出るのが遅れるのですが、雪のおかげで、花芽が急に大きくなってきたようです・・・・

錦鯉公園と雪の降る朝

     ここ錦鯉公園では、広さは、星野の里の西側に匹敵する広さがあり素晴らしいところです。 しかし古さを比較すると木々が若いと言うことでしょう・・・・しかしそれが元気にさく花を付けてくれるのです・・・・簡単にこれると言うことは素晴らしい立地条件なのでしょう・・・ここには、例年黄色のたくさんの水仙が咲き乱れる道なのですが今はこのように雪でいっぱいです・・・・それでも水仙の花芽は、5センチ程度もうでており春を待っているかのようでした!

梅の花咲く

     こんなに多くの蕾があるのですから、これらが一斉に咲き出したときの迫力は満点です・・・・もうあと少しですね!

     遠く古賀志山の山裾から日光連山が垣間見られました・・・・天候がよいときにはこの山頂では、スカイライダーが沢山飛んでいる姿が見えるのですが今日は皆無でした・・・

     錦鯉公園のボートも静かに人が来るのを待っているようでした・・・・後少しで暖かな早春が来ることでしょう・・・・

   この時期の古賀志山は、寒そうに雪化粧ですが、雪が多くてもこの程度でいつも終わってしますのです・・・・やはり雪国のそれとは比べものにならないのでしょう・・・・

紅梅と雪

     梅一輪ほどの暖かさが感じられましょうか・・・・雪が見ているうちにどんどん溶けて行ってしまいました・・・

     ここは古賀志山の展望地です・・・・立て看板があってここから見る古賀志山がとてもビューポイントとして飯野だよと教えてくれている場所からの写真です・・・・雪が溶けてガスが出てきてしまったようです!

     錦鯉公園のバーベキュが出来る周辺です・・・・暖かな日よりの中で花と食事が出来るように準備が行き届いているようでした・・・・

☆ ここで再度周辺の観光情報とドライブ情報を紹介しておきますからご利用下さい!

梅咲くエリア地図

   ★ 赤色のマークをクリックするとその地域の紹介へ飛んで行けます!(尚、このページ紹介は、錦鯉センターからろまんちっく村周辺です)。 上の地図は、古賀志山周辺の地図を示しています・・・・今回の梅の花咲く頃の探訪地域であり、一番多く花が咲いている地域です! ここで注意しておきますが、錦鯉センターは素晴らしい梅の楽園であり無料で見ることが出来ますが、その他の地域は、農村田園地域であり梅の花を見せる場所ではありません。 多くの梅がなっているわけではありませんが、この周辺には、梅の畑が散在しているという意味です。 大きな梅園では無いことをご承知下さい! 正式地図:地図はこちら


 

     ドライブコースなど紹介

 ★ では、この周辺の散歩、ドライブ情報を紹介致しましょう。 先ず、上の正式地図を見て頂くとお分かりいただけますが、この辺は、宇都宮中心と言うよりも、やや鹿沼よりの地域です。 天候がよいときには、残雪の美しい日光連山が輝いて見えるところなのです! そして、暴れ川の武子川が流れている流域です。 このエリアから少し西寄りにはJR日光線、東武線がある場所なのです。 そして何よりも日光杉並木で有名な、例幣使街道がそれに沿ってあるのです。 
そこからはあの有名な今市の追分け地蔵尊にも行くことができるのです! では、周辺を見てみましょう・・・・何れも10km以内のもので紹介しましょう! 上の参考図で錦鯉センターですが、これは梅の時期が一番綺麗です。 やや咲くのは遅い方ですが長く咲くのが特徴です。 ここは隠れた名所です! お弁当持参で花見もやっている方々がいるのです・・・私の絶対のお奨め地です・・・・ここには釣り堀、錦鯉の鑑賞展示、販売、食事が出来たりバーベキュも出来るようになっています。 駐車場はふんだんにあります。 
そこから少し上に約500メートル行くと今まで厚生年金で有名であったウエルサンピアが改名されてニュウサンピアとなってありますが、今では民間で営業しています。 ここには温泉設備(華ゆらり)とプールがあるので、色々時期によって楽しめるところなのです! そしてこの周辺はフルーツか移動ですから、季節のくっだものが楽しめるのです。 古賀志山が遙か遠くに見えますが、ここへはほんの10っぷんていどで行くことが出来ます。 ここはご存じない方々もあるかも知れませんが、ジャパンカップのレースが行われる場所であり、その他スカイライダーの練習教室もあります・・・空の散歩も自由に出来るので宇都宮周辺を飛んで楽しんではいかがでしょうか!
では、ここから西の鹿沼方面へは、ほんの30分程度ですが、お子様ずれならば絶対逃せない千手山公園で遊ぶと言うことでしょう・・・・ここは夏ならば水泳用のプールも開設されているのです。 そして何よりこの鹿沼は、日光東照宮の大工がいる場所であり栃木市と同じく素晴らしい屋台があってれきし探索も出来るのです。 むろん町中でも良いのですが、ちょっと粟野の方面へ行けば、粟野そばで有名な地域が点在しており、それらを物色できるのです。 そして、星野遺跡を通過して栃木インターというような道順でも楽しんで首都圏へお帰り出来るというような道のりです。

     では、あの奥に見える古賀志山を迂回してその奥、いわゆる宇都宮インター周辺を見てみましょう! ここにはろまんちっく村があります。 ここでは色々の土産品から無料で見える熱帯植物園、プール、温泉、宇都宮動物園などと結構楽しめる要素が多い場所です・・・・ちょっと山を回って迂回しないと行けないのでやや遠いですが、そちらから首都圏または高速で湯治場、温泉(例えば那須塩原、板室、甲子等々)温泉三昧には、適した場所でしょう! また、この周辺からアウトレットも3カ所行けるのです。 那須アウトレットFKDインターパーク、そして佐野プレミアムアウトレットです。 結構楽しめる場所が、 目白押しで揃っているのもこの地域の特徴です。 そして、歴史的に鑑賞したい方々には、大谷平和観音と大谷石の奇岩、大谷寺、傍にある多気不動山、等あるのです。

周辺探索:古賀志山大谷観音、大谷寺、鹿沼花木センター鹿沼千手山公園ろまんちっく村、大谷石切場見学、等々

 

 

栃木県みちくさ情報へ戻る

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.