霧降の滝

霧降高原の滝

秋のカテゴリー -->霧降の滝 <

 

 霧降高原の滝は、いろは坂を登らなくとも簡単に行けるので絶好の場所なのです。沢山の老若男女が来ており朝早く行ったのですが、既に駐車場がなくなってしまうほどの込み具合でした。 昔と比べると道の整備も進み石畳の道には、沢山の苔が生えており国立公園の威厳が感じられました。 歩くと今は距離が表示されており観瀑台まで270mと書いてありました。「霧降高原の秋」「★★★ 裏磐梯紅葉特集・・「裏磐梯紅葉1」「裏磐梯紅葉2」「裏磐梯から紅葉3」「裏磐梯から紅葉4」「裏磐梯紅葉5」「裏磐梯紅葉6」「裏磐梯紅葉7」等など 「いいたび日本・・日光紅葉」 「秋特集 関東

 

 これだけの距離で素晴らしい紅葉と滝が見られるのですから来ない手はないようです・・・・ここからさらに車で登ると10分程度で一番高い橋のある八方沢に入るのですが、ここも沢山の人達っ画素の風景を眺めていました。 道路はいろは坂とは異なりその混雑ぶりは少なく安心して行ける別格のコースです。 実はこの未知をたどると鬼怒川温泉、川治温泉、そして栗山方面、そして川俣等といろいろな方面へ行けるのですがそれを知っている方は少ないようです!ましてや日光の光徳牧場に出られると言っても信じる方は少ないかもしれませんが実際は行けるのです・・・・

霧降の滝

霧降高原は、日光の大笹牧場に向かう高地にあります。 日光の東照宮への道を右側に分かれて登ってゆくのですが、ちょうどここは女峰連山の橋を登るコースになっているのです。 山岳を楽しむ方には、垂涎のコースなのです。 それをあっという間に車で登れるのですからこんなに有難いことはないコースです。 まるでトレッキングをやっているような錯覚に陥るのもこのコースの特徴でしょう!

霧降の滝を見る人

この日は、とても暖かく紅葉がこんなにしているとは夢にも思わなかったのです。 然し新聞などによると数日前に紅葉しているとの情報があってもうこの辺ならきっと紅葉の絶頂期に入っているだろうと予想していったのですが、その通りに見ることが出来ました。 今のところ温暖な空気が来ているのでまだまだ見頃は続くでしょう・・・・写真は駐車場のところのある売店の様子です・・・・そして右側の写真が観瀑台からの様子です。

霧降の滝

確かにこの霧降の滝のある霧降高原は、穴場かもしれません・・・というのは、人の数、車の数はいろは坂の紅葉を見るよりも少なく安心して写真なども撮れてしかも周辺の紅葉の見晴らしも良いからです。 いろは坂ではこうした広大な光景は中禅寺湖まで登らないと無いからです! そういう点ではお勧めの場所なのです。(参考:この上の写真は、かなり大きな望遠で撮ったものです。従ってこんなに傍で滝は見えないことをご承知ください!)

 

霧降の滝霧降の滝を見る人

かなり引っ張ってとってありますがこんなふうに紅葉の中を流れているので竜頭の滝より迫力がありそうですが、チョッと遠いところにあるのが難点です・・・夏では、この周辺のレストランで日光の天然氷のかき氷がい頂けるようになりましたが、この時期ではそのような気持ちにもなれませんが・・・

 

女峰を見る

女峰山の右端の赤薙山の様子です。 ちょっと周辺と比べると赤色をしているのでそう呼ばれるのでしょう・・・春は木菅で有名な登り口も今はすっかり茶色に変色しています。 自然の変化は素晴らしいものです・・

 

女峰を見る女峰を見る

女峰連山の様子です・・・・こんなふうにここからは見渡せますが、見えたり消えたりとした風景構成でした! 後からこの山の麓まで車で登ろうと思っています・・・ゴツゴツとした群馬県のマナイタグラを思わせるような強烈な山の姿が印象的です・・・・トレッキングもそれほどせずにこのような風景に出会えるのですから本当に素晴らしい場所と言わざるを得ません!

女峰と紅葉

観瀑台は3段になっておりいずれもたくさんの人が次から次えと押し寄せてきます・・・・写真などながくとっている人は嫌われます・・・・・それにしても周辺のlk応用は赤、黄、緑と沢山の色が混ざって素晴らしい時期です・・・

女峰と紅葉

こうした霧降高原の紅葉の中をドライブできるのですから素晴らしいでしょう・・・・しかも日光市内から15分程度でこうした場所に来れるのですから・・・・

女峰と紅葉女峰と紅葉

霧降の滝から離れて今まさに車のトレッキングと言えるで得小・・・・女峰山をめがけてだんだんとつづら折りの道を頂上へと登ってゆく感じです。 オートバイも多く来ていました・・・

女峰周辺と紅葉

ドライブの場所にもよりますがこうした外国を思い起こすような素晴らしい霧降の紅葉を見ることも出来るのです。 やはり色々な山が重なって見える場所がよいと思います・・・・真っ赤な色の木々が少し点在しており紅葉の美しさを強調しています・・・・

八方沢より

さあ、六方沢の駐車場です・・・・もうここまで来るとやはり木々の葉は、だいぶ寒さにやられておりもう来年の花芽が固く茶色の色で黄の先端にくっついていました・・・もう来春までこのまま春を待つ冬眠状態です。・・・・自然の素晴らしさなのでしょう・・・・高原さんが目の前に見えますがあの裏が塩原温泉であり、手前側が川治、鬼怒川温泉になるわけです・・・・竜王峡の紅葉も見逃せません。

途中の山の形は次から次へと変化してゆきます。 もちろん紅葉の色も変わってゆき素晴らしい光景が次から次へと現れてきます。

これは戻りますが霧降の滝の入り口の風景です・・・・こんな洒落た高原の石畳にそって観瀑台方面へとトレッキングならぬ歩きをしてゆくとすぐに炊きに出会うことができるのです。

滝の駐車場はこの日はほとんど満車状態でした・・・・最も手前の広い駐車場を利用すれば少し歩く距離が長くなりますがそのほうが良いのかもしれませんが・・・・

霧降の滝周辺案内図

ココでは霧降の他機種右辺の案内図を紹介しています。 右の上の方に霧降の滝が案内されていますが、比較的簡単に行ける場所です。 ここに行くには、最も早いコースは、東北道で宇都宮インターから日光高速に入りそこで日光インターで降りて日光市内を目指し、東武電車の日光駅をすぎたら直ぐに右に曲がり(大きな案内板がある)そのまま20分程度で行ける素晴らしい境地です。 色々ペンションがいもあるので楽しみも多いことでしょう・・・・周辺の眺めがよいのが特徴です。 もちろん日光市内の湖通も楽に行けるベストスポットの一つとしてお勧めいたします。

参考: この地図の赤丸近辺にリンクがありますからマウスでクリックしてみてください・・・・色々な場所に行けるはずです!

霧降の滝周辺案内図

参考事項: 昨年は(2011)紅葉は、1102日が最高でした。 今年は、急に寒さがやってきて見頃になったということで毎年同じような時期に見頃になるようです。

参考情報: 2013年のこの滝の紅葉は、予想で11月初旬(第一週)となるでしょう・・・ 今まさに日光国立公園の霧降の滝周辺の紅葉が見頃を迎えています。

温泉一覧湯治場一覧名産品一覧神社仏閣一覧など参考にしてみてください。 栃木観光一覧集

 


★ENGLISH Page
    ★参考情報:
  1. 20151021霧降の滝の紅葉が近づいてきました・・・例年は10月下旬から11月上旬ですが、今年は、もう見頃になっています。今年は全般的に紅葉が早いのできっと見頃は、今月いっぱいでしょう・・・・・・「霧降の滝1」「霧降の滝2」「霧降の滝3」「霧降の滝4」「霧降の滝5」「霧降周辺紹介」「霧降周辺紹介2」「霧降周辺紹介3
  2. 早いもので今年2015年も彼岸花が咲いてしまいました・・・いよいよ秋の行楽の始まりの時期に入ります。 日光の紅葉は、竜頭の滝あたりで10月10日前後、そして霧降の滝は約半月以上遅れます。 それにしても、この時期、秋田の八幡平では、紅葉が始まる時期です。 今年の紅葉が、待ち遠しいですね!
  3.  ★★ ★最新情報:「日光二社三寺で紅葉始まる」 ★紅葉情報:2014年10月30日 見頃を迎えました! 見頃期間は11月上旬まででしょう!
  4.  ★2014年の霧降の滝の紅葉は、何時頃になるでしょうか? 実は、昨年は竜頭滝の紅葉が例年並みの10月10日でしたから、今年の紅葉と比較すると今年は10日位い早くなる予定です。 するとこの霧降の滝の見頃は、10月下旬から始まると予想されるでしょう・・・・今年も美しい紅葉を見逃さないようにしましょう・・・ここまでの道程もいろいろ見どころがあって紅葉が綺麗です。そして何よりも混雑が少ないことが何よりなのです・・・
  5.    ★ 霧降の滝観瀑台への遊歩道入リロ前に新設される東武バ スの停留所 ・・・霧降の滝へ向かう路線は JR曰光駅を出発し、同駅 北側の自然に囲まれたエリ アを走る大笹牧場線、霧降 高原線のニつ。 山のレス卜 ラン付近に一般駐車場はあ るが、バスで行くためには 県道169号が双股に分か れる付近の「霧降の滝入り口、この先に停留所が設けられるそうです。 約半分で行くことができるようになり朗報です・・・☆お得な情報:同社は停留所新設を 記念して、「山のレス卜ランで食事したバスの一 フリーパス購入者にヨーグル卜をサービスしてくれるそうです!

▲ページの先頭へ