軽井沢レイクガーデン 

軽井沢レイクガーデン  

   軽井沢にあるレイクガーデンは、美しい薔薇の園である。 と言っても何もバラだけにかかわらずすべての花の楽園といって良いのかもしれない!

 

   この軽井沢のレークガーデンは、昔赤軍派の戦いがあった場所に近く、ひと時は、三越なども出展していた場所でもある! それほど素晴らしい場所にこのバラ園は、ある。 

   遠く浅間山が見えて、近くには、軽井沢のアウトレット、そして、軽井沢銀座と言うように歴史的な場所は、観光にあまりある・・・効した場所と一緒に合わせて観光してくるのは、あまりにも贅沢なたびなのかもしれない・・・ソレニシテモバラの花が今頃満開を迎えるのだから、これはこれで驚くばかりである・・・

   ★★ 軽井沢アウトレットが最近変わりました! その詳細を紹介します・・ 「軽井沢アウトレット イーストエリアの紹介」「軽井沢案内 ガイド」20130716軽井沢ハルニレテラスの紹介 バッラクライングリシガーデン 「長野の小布施・有名な栗菓子と美術館散策地」★★ 軽井沢アウトレットが最近変わりました! その詳細を紹介します・・ 

   この場所を知ってからかなりの年月になるが、毎年訪れてその雰囲気を味わっている・・・・とにかく池あり、花あり、食ありですべてのものがここには整っているからである。 

  勿論、希望があれば宿泊できるホテルもこの中にあり好きなときに、この美しいバラ園を無料で満喫することも出来る・・・・浅目を開いたときに、窓辺にはバラの花が咲いている・・・などと言うおとぎ話の世界へいざなわれることも出来る・・・

   この時、訪れたときは素晴らしい時期であった! この時の入場料は、¥1200ということであり、比較的高い価格設定の時であったが、さすがにバラの花も多く周辺の美しさにしばし魅了されていたのである。 ご参考: 「2012年の春のレークガーデンの様子」 「2012年8月レークガーデンの様子」参考「 軽井沢Webカメラ

2013年軽井沢レークガーデンの様子

 なかなかこうした施設は少ないもので町中にバラを咲かせて楽しむ個人的な庭園はあるにしても、これだけ広大な場所で花を楽しみ歩き楽しむといった場所は少ないからである。 ここはレイクガーデンと読んでいるが、別名では、レマン湖とも呼ばれている場所であり、同じ場所である。 軽井沢のインターから降りて町中に向かい、プリンスホテルの入り口が見えてくる・・・そしてその先にゴルフ場が出てくるが、ここの最初の左折する道を曲がればほぼ5分程度で到着できるレマン湖の入り口である。

 

2013年軽井沢レークガーデンの様子

 レンガで豪華に飾られている入口から入り中央の右方向に駐車場がありそこに誘導される・・・最もここはw駐車場というか、テニスコートがそのまま駐車場に利用されており、とても綺麗である。 この周辺はといえば、セレブのいる場所であり、ご桜花な住宅地となっており特にバブル期の発展は、目まぐるしかった場所である。 今はひっそりと別邸がこのレマン湖の周辺を囲いとても美しい佇まいを呈している場所なのである。

 

2013年軽井沢レークガーデンの様子

とにかく、ここは静かで空気が爽やかで周辺の山々を見ながらの探索は都会に住む我々の心を癒してくれることうけあいなのである!

 

2013年軽井沢レークガーデンの様子

このレークガーデンは、下界と比べると一ヶ月近くの時間的ずれがあってバラが咲き出すのが、都内と比べても一ヶ月くらい送れるのである。 そして8月に二番花が咲き出し秋もいろいろな花が見られるということでhジョボ冬以外はいつでも花の楽園を探索できる場所なのである。

 

2013年軽井沢レークガーデンの様子

ここは、お薦めとして、軽井沢ワウとレットに到着する前に見て花を楽しみ、それからアウトレット、そして旧軽井沢銀座の方へと逝くときっと素晴らしい旅の情緒に会えるのかもしれない! ただ列車で来る方にとってホ、ちょっとバスなどの利用そしてタクシーの利用しかないのでちょっと不便かもしれないが何れにしても道の高速に一番近い山側にこのレマン湖の花の名所があるということなのである!

 

2013年軽井沢レークガーデンの様子

 

2013年軽井沢レークガーデンの様子

2013年軽井沢レークガーデンの様子

2013年軽井沢レークガーデンの様子

2013年軽井沢レークガーデンの様子

2013年軽井沢レークガーデンの様子

2013年軽井沢レークガーデンの様子

 

以上軽井沢レークガーデンの様子でした。

▲ページの先頭へ