野バラ 烏山 オープンガーデン

野バラ オープンガーデン

   


    ★最新情報:  20170503: 今日は朝から晴れて天候が良かったので、 この根本さん宅と益子大沢のばら、そして、井頭公園のばらを鑑賞してきました。 いずれも見ごろで素晴らしかったです。近いうちにばらの状態を紹介してみます・・・意外と迫力があったのは、益子の大沢地区の個人バラ園でした。 道から見えるので多くの人が車をとめて見に来ていました・・・20170603現在  「根本宅のバラ園紹介詳細」  「益子の街中バラ園の紹介詳細

20170528:  いよいよバラの季節です。  今朝の新聞によると、烏山には、’里山のばら・根本’と呼ばれるのがあるようです。 ちょっと知りませんでしたが・・・この庭園を開放するそうです。 料金は、募金制で、530平方メーターの敷地と言うことですから、かなり大きい方です。 バラ300本のオープンガーデンとして開放。 無料駐車場有。 TEL090-2731-4615  那須烏山市横枕 ★但し27日現在で4分咲きのため開園を15日まで延長するとか・・・</p>
<p class="date">2017年5月28日(旧やまびこの湯から北方面へ800mの場所と言う)  GOOGLE Map 位置情報

   ★お勧め: ここ烏山まで来て、そのまま帰るのももったいないので、3箇所のオープンガーデンを見て帰りましょう・・・このほかには、ここで紹介している、「アトリエ野ばら」 参考地図、そしてバラ園のステファーニがあります。 せっかく烏山まで行くのならば、3箇所同時に見てあるってはいかがでしょうか・・・参考「ステファーニ」紹介


 

 

 

 

■5月になりますと「アトリエ野バラ」の庭にはたくさんの花たちが咲き乱れます。 初夏になると160種類ものバラも見ることができます。日頃の疲れを癒してくれる事に感謝すると共に、そうした薔薇や草花を育てながら、人や花たちの心に 触れて生きたいという思いから、大切に育てられた花々…。シーズン中は一般開放もされ、園芸ファンや地域の方々の憩いの場となっています。

2017年開催:
開催期間 5月21日(土)~6月10日まで
開催時間 10:00~18:00
観賞料  500円(ドリンク付) と、紹介されていました・・・TEL 0287-83-1725


 

参考 烏山 山あげ祭の情報について

烏山の祭り:毎年夏の7月下旬に山あげ祭が行われ得る! 今年2013年は、7月の26,27,28日に行われる。これは日本一の野外歌舞伎舞踊でありかなりの熱気がある。今年は、鍛冶町が担当とのことで、色々楽しめるでしょう・・・第屋台のパレード、烏山線のt区別編成運行、夏側を味枠などの模様しが行われるという・・・烏山には、もうひとつここだけの珍しいものがある・・・それが中山かぼちゃ! 甘みが強く、ホクホクして自慢の特産品とのこと。現地だけの販売なのでよく店先を見てみましょう・・・他に中山かぼちゃとアイスクリームのコラボもあるので、是非楽しんでみてください! 那須烏山市の総合政策課で、Facebook情報発信しているそうです・・・☆☆参考情報: 烏山と言ってもいろいろな自然が多く、最近でhあぶどう園なども有名である! 例えば、もぎたてもぶどうの味を試せる観光ぶどう園が3つほどある: 渡辺ぶどう園(0287-84-2578);くるまぶどう園(0287-84-0640);阿久津ぶどう園(0287-84-2474);滝沢ぶどう園(0287-84-0640)などが主なものである・・・関連紹介地図

   市内でもあちこちでバラの花が咲き出しているので月末には十分な開花が楽しめるはずである・・・・烏山にはこの野ばら、そして捨てファーになどのオープンガーデンの店は多い・・・・この野バラでは、珈琲店を経営している場所でオープンガーデンをやっているのでやや形態は異なるのかもしれないがこの時期だけの華の宴を十二分に楽しむことがd切るのである・・・・25日からオープンするということでここでどのような場所なのかを紹介しておこう・・・ 烏山の名品:  中山かぼちゃ・・「中山かぼちゃ」「烏山・・中山かぼちゃ」は、かぼちゃ好きに知られた、美味しいかぼちゃです。上品な甘さとポクポクとした食感、このかぼちゃの美味しさは一度食べたらやみつきになります・・・


 

   ★ここは、首都圏などから来た場合には、矢板あたりから入る方法と宇都宮から向田街道を通りながら烏山の市内を通過してそのまま那珂川の西側の道を川にそって北に向かえばやky4キロ程度で右側に野バラの喫茶の案内看板があるのでそこの右に曲がれば良い・・・・周辺は那珂川の土手に近いので田畑もそれほど広大ではなく狭い地形の場所である。 少し田舎の道を入ると右側に珈琲店らしい建物が見えてくる。この時期には血行稲の生育もしておりもうこんなに夏が近づいていたのかと驚かされることであろう・・・・花工房 カフェアトリエ野バラ  那須烏山市滝田688-4 「近くのオープンガーデン ステファニー」「坂野オープンガーデン」「那珂川周辺をたどる旅

 

烏山オープンガーデン野バラ

個人の邸宅の方のバラの花・・・この手前が駐車場になっており一般的な家庭的な雰囲気であり右隣りのコーヒー店舗が一般の人の入る場所となっている・・・・丁度家の周りをバラで囲って見せているという構成である! ★★★ 参考情報: 烏山には、他にも花の美しい場所がある・・・・残念なのがこの時期にあわないことである! 例えば、「烏山ダリア園」 そして少し遠くなりますが、「ハナミズキ公園のゆり」など見どころは多いのです!☆☆その他:那須烏山の地域には、島田うどんと呼ばれる変わった製法のうどんが有名ですが、現在では三社だけが作っているそうです・・・家で食べるのはズルヒキと呼ばれているようですが、日本上の島田の曲げに似ているところから釜あげうどんで食します。面を曲げて乾燥する珍しい製法なのでみやげ品として重宝しているようです・・・野尻商店(0120-35-8740);弁天食品(0287-82-265r7);関製麺所(0287-82-2721);などです!

 

烏山オープンガーデン野バラ

つるバラも年季が入っており瀬田w計上もあり外側から鑑賞するともっと迫力がある・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

バラの回廊にそって入り口が用意されている・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

ここはバラ園だけでなく珈琲店そして小さな展示室も用意されている・・・・コーヒーなど飲んで一服といった感じの人、そして花を目当てに来る人とその客の種類は多様である・・・・★★★ 参考情報:烏山も秋になると彼岸花が素晴らしく咲きます「烏山彼岸花の里

烏山オープンガーデン野バラ

建物の反対側は農村田園風景でありそれほどの花は咲いていないが独特の田園地帯が広く広がっている・・・・個々の場所はどちらかと言うと人家が多い場所である・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

バラだけでなくいろいろな草花も植えられており楽しめる・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

烏山オープンガーデン野バラ

烏山オープンガーデン野バラ

烏山オープンガーデン野バラ

これが一番大きなタワーでありバラの花がこのベルに絡ませて雰囲気を作り上げている構成である・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

この時期には、烏山の自然をよく表現した花々があちこちで見られる・・・・那珂川沿いということもあってその花々の生育は素晴らしい。

烏山オープンガーデン野バラ

石で積み上げたバンクの上にバラなどの花がその季節季節で咲くように準備されている・・・・この花の内側に喫茶があるので喫茶しながらバラの花を楽しめるわけである・・・・いっぱい¥500.ーということなのでゆったりと過ごしたら良いだろう・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

つるバラが結構大きくノボていて喫茶室の中は外から見られないような工夫がされているようである・・・・この時期だけの豪華なバラの出迎えを堪能できるのである。

烏山オープンガーデン野バラ

バラの花も一番花、二番花と過ぎてゆくが出来れば一番の花を堪能したいものである・・・・早春から枝を伸ばし花目をつけて一斉にさく様は素晴らしい・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

烏山オープンガーデン野バラ

この時期には猛禽形相も咲き出しておりまっ黄色の色がバラの花と翌朝ワアしている・・・・この時期だけの色の対比であり美しい・・・・

烏山オープンガーデン野バラ

以上烏山のオープンガーデンを紹介しました・・・

 

旧情報:今年2016年もバラのシーズンがやってきた! 烏山のバラのオープンガーデンでもバラの花の展覧が始まる・・・・「詳細:2016年は・・・

★★★ 烏山のその他の観光地など紹介

1) いちご狩り  「石川いちご園」  」「南那須観光いちご園」 ; 「全体のいちご狩り紹介ページへ!
2)長者ケ平官衙遺跡
3)大金神社 等 烏山口コミ
4)七福神の駅
5)那須烏山温泉 寿の湯
6)大金吊り橋
7) ウォーキングトレイル
8)安楽寺
9)猿久保田んぼ公園
10)森田城跡
11)小塙の河食地形

12)湯治場一覧
13)温泉一覧
14)博物館一覧
15)名産品一覧集

★このホームページ内の検索です!

関連情報

秋の花情報集  

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

 

▲ページの先頭へ