ろうばいの里とそばの名店など

粟野、鹿沼そばの名店紹介

ご参考

---------------------------------------------------------
★20160219:セツブンソウが、柿平で見ごろとなりました! この周辺では、もう幅広い地域で咲いています! 今日から、暖かくなるということで、いっそう咲き出すでしょう・・・セツブン草が柿平で見ごろを迎えました!  ★20160216:星野の里で「セツブンソウが咲き出し」ました! 今年2016年はとても早いです・・まだ少量ですが、これから徐々に暖かくなるので、開花が促進されるでしょう・・・ ★20160211:鹿沼と錦鯉センター梅の花と周辺ドライブ ★ 20160211:2016年2月の10日の錦鯉センターの梅の花開花を紹介 ★20160204:気象庁などから桜の開花予想が発せられました・・・そこで、ここではそれを細かく見てみましょう・・・「ウエザーマップ」から・・ここでは、一口解説というのがあって良く分かります!「今年のさくらは、平年並みか遅めの開花となるところが多いでしょう。一番予想が早い福岡で3月23日、多くの地域では25日を過ぎてからの開花となり、見頃は4月に入ってからとなりそうです。
 昨年の11月から1月半ばにかけて気温が高い状態が続き、記録的な暖冬となりました。このため、桜の花芽が休眠から目覚めにくかったと考えられます。・・・
★今年2016年も節分草の時期が、近ずきました・・・そこで「北関東の見所と特徴を纏めて紹介」します・・・  ★ 2016年1月の追加情報として「'星野の里の花の光景'」改定しました・・・

-----------------------------------------------------------

☆20170104: 「2017年 鹿沼市内のいちご園が開園しました。

ご承知のように、この粟野のろうばいの里の周辺はそばの産地です。 日本全国に、販売しているそばなのです。 時期によってはなくなってしまうといわれる名所そばなのです。 一般には、鹿沼市として販売している余殃なので鹿沼そばとも呼ばれているものです。 粟野は、昔からの麻とそばの産地であり、最近では麻の需要が少なくなっているので、そばのほうに力点が寄っているようです。

このろうばいの里に入ってきた道筋には多くのそば店が点在しているのです。 また、これらの山の峠を越えることによってもいろいろなそばの名産地が現れます。 もし時間のある方はそれらをじっくりと探索してみてはいかがでしょうか・・・

 ★ 下の地図の青い道にはリンクが張ってあります・・・・マウスでクリックすればその場所に行くことが出来るのです・・・・

栃木そば街道地図 八溝そば街道 仙波ソバ周辺 粟野永野そば街道 出流そば街道筋

県内のそばの名所、国道筋は、正式には、栃木そば街道ということで銘銘されています。 上の図でクリックするとその紹介の場所にいけるのですが、たとえば、この地域では、粟野そばとして、紹介しています。

粟野周辺地図

 現在、皆様は、上永野という粟野地域でろうばいを楽しんでいるのでしょう・・・するとその周辺の蕎麦屋はいたるところにあることがお分かりいただけるでしょう・・・

  私も毎日ソバを食べているわけでは無いのですが、出かけたときの寄ってくる方です! その中から、鹿沼のまとまった紹介がないかみつけていたらあったので す・・・早速ここで紹介しますから、行ってみてください! ここには、鹿沼ソバブランド紹介として30軒程度紹介あったのです・・・・「鹿沼ソバ店

 上の図で、周辺を探すとかなりのそば店、30軒もあるということです・・・ちなみに少し興味深い蕎麦屋を紹介しますと、お帰りがけに、大越時峠の右側に旗が立っているのを見ると思います。ここは、昔トンネルのないときからの蕎麦屋でと魚下の蕎麦屋といった幹事の店です。トンネルが開通してからも昔の歴史を物語って商売をやっている一軒きりのそば店です。 春の時期には、この道筋は桜の咲く名所です。・・・この名店は、ブログがあったので紹介しておきましょう・・・「大越路

ご参考:

 栃木そば街道   

      ★ 参考: 「食の街道」とは、このリンクをたどっていただけると分かりますが、 ここでは、このソバの基本に戻って「栃木そば街道」とはどういうものなのでしょうか・・・これは「食の街道」(食の回廊とも呼ばれていましたが・・・)ということで、苺街道に始まり、そば街道(八溝街道、 日光例幣使街道)、フルーツ街道、高原山麓水海道、カクテル街道、鮎街道ミルク街道めんめん街道とあるのです。 

以上、この周辺のそばの命店などを紹介してみましたので、楽しんでみてください・・・

pagetop