関東近郊季節写真の撮影とドライブスポット紹介

初回は、もうすぐ咲く彼岸花の紹介です。

 

もうすぐ関東も彼岸花の時期がやってきます。 不順な今年2013年の夏も終わり、8月の半ばころからは秋風も吹くことでしょう! 毎年、9月の初旬ころから関東でも彼岸花が咲き出しますが、やはり北に行くほどその開花は遅れてきます。★★★「春のドライブスポット紹介!」 「軽井沢からのドライブスポット紹介」「休日のドライブ情報

 今からその昨場所の確保、研究が必要でしょう・・・ここでは、少しでもその労力を少なくするために、彼岸花の名所をここでは詳しく紹介してみたいと思います。

 

先ず彼岸花ですが、この時期は、暑い夏の終わり頃から咲く美しい集会王の花も紹介しておきますので参考にしてみてください・・・・ぼつぼつ検索を始めている方々が多くなってきています。 ここでいかに紹介している場所から紹介関連のリンクを辿ってゆくといろいろな場所に行くことが出来るでしょう・・・・かなり多くのデータが紹介してあるので北関東では、きっと十分な量でしょう。しかしこれらを一度の回ることは結構大変です。 数回に分けて南からだんだんと攻略してゆくことをおすすめします。

先ず、左の上の場所から概要を紹介してみましょう・・・   ★★★注記:以下の紹介で項目番号は、下の案内写真の順です・・・

 

1)これは、秋山の路で見つけた彼岸花の群落です。 比較的この路は、街道筋のかなり広い場所に咲いているのでここが良いとか、あちらが良いということは紹介出来ませんが、かなり探してみると広範囲に咲いていることが分かります。

 

 

2)粟野地域の最も早く咲く場所です。一般的には「遊の郷」と呼ばれている地域です。 毎年この遊の郷では、彼岸花の時期になると遊の郷から一般の人達、老人クラブの方々が集まってこの遊の郷の彼岸花を鑑賞します。 その時期が一番きれいに咲く時期なのです。 興味深いことは、川が流れている場所の対岸に咲く彼岸花なので皮の面と彼岸花を大正にして写真をとることが出来る場所です。 彼岸花だけとるといった場所が多いのに比較してここは川の流れをバックにして撮影ができるので大変重宝する場所の一つです。 側には、民家があったりしてそれらと組み合わせると田舎の風景が堪能できるのかもしれません! 田んぼの中の彼岸花といった感触でなく、町外れの彼岸花と紹介したほうが良いのかもしれません・・・

 

3)常楽寺の道を真っ直ぐ上にゆくと右側にあります・・・三番目が、この近辺の花の園である「粟野花農場」の名所です。 ここでは彼岸花は、残念ながら栽培していないのでこのハーブ園に入っても彼岸花はほとんどありませんが周辺はかなり広大な山間地なのでここに至る場所場所で彼岸花に出会います。 この時期には、彼岸花、そしてコスモス、その他黄色コスモスなどなどかずかぎりない洟が咲いているのでそれらを見落とさないようにいたしましょう・・・ここでは唯一洋食の食事もとることができます。 尚、下の詳細図でピンク色に塗ってある道路脇の色は、彼岸花が少ないが咲いている地域を洗わあしています・・・稲の間とか、あぜ道で彼岸花が見つかるはずです・・・・群落地ではありません。「粟野彼岸花とその他の花の案内地図」「粟野周辺の彼岸花の旅」「粟野ソバの紹介

 

 

粟野周辺彼岸花詳開花分布細図

 

4)粟野八幡前近辺・・・ここは粟野から少し外れの鹿沼に近い場所の無住職の寺の入り口にあるお地蔵様の彼岸花です・・・・個々の特徴は、遊の郷とか上洛時の花が万枚を迎え終わり際に咲き出す特徴があってかなり咲くのが送れる場所です。 鹿沼の運動公園の側と紹介したほうが良いのかもしれませんが、こんな名所もあるといったことを頭の片隅に入れておくと良いでしょう・・・・ただこういう場所を尋ねるとき毎年困るので咲き出す時期が異なるので色々戸惑い、再度訪れなければならないということです。 しかしそれもたびのたのしみとかいしゃくすれば、またたのしからずや!といったところなのでしょうが・・・・

5)粟野に来たとき出流万願寺と呼ばれる場所があります。 この周辺はいづるそばで有名なのですが、この寺とまた奥の方に沢山秋海棠がなるのです! 色々みてみるとこの出流さんの秋海棠は、きっと関東一だと思われます・・・・こんなに沢山小川の縁になっていたり、伊豆っるさんの手エラの中、そして奥の院に至る秋海棠の数はほんとうに素晴らしいといえるのです。 尚、奥の院に至る路に入るのには、出流万願寺で入場料が必要になります。

6)最も鹿沼、泡の地域で有名なのが、常楽寺の彼岸花です。咲く時期は、やはり毎年見ていると、ゆうにお里の開花が始まってからこちらが咲くという程度の遅れです。 冷気が朝方廃炉コムと急に秋を感じ、それで急に咲き出すので驚くばかりです。 だいたい一本の木から数個の花が咲くので最初を見逃しても大丈夫です・・・・これも出来れば、満開の時のほうが色が強く出るので圧巻です・・・・若芽はやはり色が単純です。 しかし雨が強く振るとまたまた駄目になる確率が高いのでとても難しいものです・・・・

7)これは、太田市の有名な川端の彼岸花の名所です・・・・これも川べりとはいえ川のそばではないので皮面と彼岸花の写真は撮ることはできません・・・しかし養分が良いようでとても首長な彼岸花を楽しめる場所です・・・・やや森の中に茂っている彼岸花なので長持ちしますが、写真の場所は、やや暗い光とか光が入り込むなど変化は多いところです。 

8)上の場所からおよそ3kmくらい大田よりの寺に、彼岸花が咲きます。 殆度うえで紹介した場所と同じ時期に咲くのでこれを見ずにお帰りになるのはもったいないでしょう・・・・この寺もとても由緒ある寺であり、やや人工的とはいえ彼岸花とか秋の花々も楽しめる寺なのでぜひ立ち寄ってお参りしてみてください・・・

9)最後におまけです・・・・ここ今できてそのまま買えるのも残念でしょう・・・佐野のプレミアム・アウトレットなどに立ち寄って秋の感じとウマそうなものを食べて周辺を探索すると、若さが取り戻せるでしょう・・・・以上色々紹介しましたが、この時期に鳴門楽しみが倍増してくる時期なのです! またこれ以外の場所の紹介は、追って追加することにいたしましょう・・・

 

matsuri
 花の美しさは本当に素晴らしいものです。暑い夏が終わるとすぐにこの赤い花の時期が来るのです
matsuri
粟野地域は、この美しい彼岸花で淘汰されてしまいます・・・毎年訪れる場所です
matsuri
粟野の奥には粟野のはなをたのしませてくれるのうぎょうれすとらんがあります。 ここではハーブが多いようです・・・・
matsuri
あまり知られていない粟野の近くのお地蔵尊のある素晴らしい斜面にこのように彼岸花が咲き乱れます・・・ちょっと時期が遅いのが特徴です・・・・
matsuri
粟野のそばで有名な大越路峠から出さんにゆく途中の山中の公園にある素晴らしいシュウカイドウの群れ、群落地です・・・・
matsuri
花のてら常楽寺はあまりにも有名です・・・・ここも毎年訪れる名寺です・・・・今年はどのように咲くのか楽しみです・・・・
matsuri
昨年初めて訪れた大田の速川淵です・・・・川の淵にできている美しい曼珠沙華の群落地で、巾着田のように大きく長い花首が特徴でしょう・・・・肥沃な土地柄なのでしょう・・・・
matsuri
早川美力2kmの場所にある素晴らしい花の寺です・・・・いろいろな花がありますがやはり秋は、彼岸花げでしょうか・・・
matsuri
佐野市の秋の佐野アウトレットですここでは秋を満喫できる気が植えられておりとても美しく、遠くに見える美甘ヤマトの対比がとても美しいのです・・・・

 

 

彼岸花の咲くエリア紹介図

 

では、ここで紹介しているエリアの地図を紹介しておきましょう。 今回、ここで紹介しているのはこのエリアです。 高速道路の差のICが右側に見えますが、出流が原より上で鹿沼に近いエリアまで紹介しています。

 

 

では、少し細かく見てみましょう・・・出流山よりも足利よりの地図です。 いつも紹介するときには、説明するのですが、これらの路と小川は、全て日光、足尾から流れており到達する場所です。 綺麗に関東平野を通過してほぼ平行に流れています。 最初の写真で紹介している場所がこの秋山川の流域です。

 

1)秋山川の流域を登ってゆくと柿平という場所がありますが、ここは節分草で有名な場所です。 側に変わった場所があって蕎麦屋を営んでいます。 それよりも奥の方へと行くと秋山町に近づきます。 秋山川は、この流域でずーっと続きますが、このへんで多いのは、夏の終わりに咲く秋海棠です。 彼岸花は、ぼつぼつといろいろな場所で見られますが、群落地はありません・・・しかし色々民家が多いので田畑に降りてゆくとその美しさを堪能した写真ができるかもしれません。

 

2)では、柿平に戻り右側に出さんと書いてありますが、その間に途中で行き止まりの道が地図上あるでしょう・・・・これが、仙波と呼ばれる地域で仙波そばの名産地です。 側を食べながら秋を満喫すrといった楽しみ方が出来るのもこの場所です。 路が切れているあたりまで行くと曲がった道になりそこらへんのあきのいねのかりいれとひがんばなが絶妙です。 群落地が少しありますが、群落と言うよりも全体的に彼岸花がはびこって咲いているので色々ば角度から彼岸花の写真の被写体としては楽しめる場所です。 車もそれほど通過しないのがありがたい場所です・・・・実際は、この道の切れている場所ですが、細い道で秋山街道まで少し山道ですが通行できるようになっています。地図に寄っては、案内がないのですが、全部舗装されており十分車で通行可能です。 ここがわかれば、秋山と仙波地域の移動が本当に楽になります。

 

3)また、もうひとつここで紹介しておくと、この仙波地域から、出流山万願寺へ降りる道もあるのです。ちょっと砂利トラが多いので気をつける必要がありますが、そのt狼牙は、トラックは通行できないので逆に穴場の街道筋といっても良いでしょう・・・・そこを通行すると石灰を掘っている露天掘りの昔からの空洞がたくさん見られて驚くほどの歴史が分かります・・・もちろん今も石灰をここでとっているのです。 この出流さんは、その傍にあって出流山万願寺が有名です。 しかしここには、彼岸花は少ないです。やはり秋海棠が有名ですからその両方ということはできないのでしょう・・・・続く・・・・

 

 

ここでは、いろいろな花々と度の紹介をやっています。 参考になる場所も多いと思いますので是非見てお帰りください。

  1. 20130729日光中禅寺湖の紹介
  2. 20130727日光杉並木公園の紹介
  3. 20130726:「今日、山百合の名所が新聞で報道紹介されました・・・飛駒町の根古屋森林公園という場所です。開花一週間早く8月初旬までが見頃という!」
  4. 20130725山百合咲く茨城フラワーパーク
  5. 20130724寺山ダムの紹介
  6. 20130723「たんばらラベンダーパークと周辺の旅紹介
  7. 20130723現在のラベンダー開花情報・・「現在早咲の25000株が満開見頃」・・・全体で5万株あるが、後は御素材の品種となる!
  8. 20130721日光周辺ドライブ|ハイク紹介
  9. 20130720山ゆり咲くハナミツキパーク
  10. 20130716軽井沢ハルニレテラスの紹介
  11. 20130716コスモス街道の紹介(もうすぐ咲き始めます!)
  12. 20130715軽井沢アウトレット ニューイースト 改訂新版
  13. 20130714関東デートスポット一覧
  14. 20130713日光東照宮周辺を見る
  15. 20130712軽井沢ガイド 案内
  16. 20130710軽井沢アウトレットのイーストショップリスト最新版
  17. 20130709軽井沢レークガーデンの様子2013
  18. 201307082013アンディ・ウイリアムスボタニックガーデンの7月初旬の様子
  19. 20130706大田吉澤ゆりの里
  20. 20130705歩き楽しむ旅情報をまとめました・・・・参考にしてみてください!
  21. 20130704「レマン湖のバラ(レークガーデンのバラ)見頃になる