日光イタリヤ大使館別荘跡 

日光中禅寺湖畔 イタリヤ大使館跡 建物

日光中禅寺湖の南西に静かに佇むイタリヤ大使館別荘跡が有る。 

嘗てはここは、釣り人が行くのと、山登りに行く人だけが知っていた秘境の場所だった。 と言うのもガイド本はほとんどなく、車が入れば入れたが、何が有るか分からず道もそれほど良くなかったからだ! 現在では車は一切入れなくなってしまっているが・・・それが修復されて、現在は、そのイタリヤ大使館別荘跡地として、冬季以外には、解放されており鑑賞することが出来るようになったのだ。 初夏ともなると中禅寺湖の陽光は、強さを増して、このイタリヤ大使館別荘跡周辺を美しく包み込むのだ! では、イタリヤ大使館別荘を見てみよう。 尚、夏の大使館は、こちらから!

イタリヤ大使館跡の建物

割合知られていない自然いっぱいのこの地域、箱根などと比べるといかに日光が開発されていない自然が多いことか驚かされるばかりである。 中禅寺湖の湖畔に有るだけに、素晴らしい風景と涼しさが、体で感じられるだろう! 多くの人が、ここを訪れると、暫く休息を取り、鳥のさえずりなどを聞いて、涼を楽しんでいるのだ! この場所はというと、中善寺湖が見えてきて赤い大きな鳥居が見えたら直ぐその手間へを左に曲がって立木観音の方向へと曲がってゆくと、この場所があるのだ・・・無論立木観音からは、歩行だけのコースとなり簡単な探索コースとなっており15分程度の道のりで簡単のコースができているので真夏でも涼しさあふるる場所として是非皆様にも訪ねていただきたい絶好の場所の一つとして推奨したいのである・・・

ボート乗り場で遊ぶ子どもたち大使館跡地を探索する

嘗て、大使達が、涼を取り、ボートなどで楽しんだ跡が、往年の物語を語っているようなばしょである・・・・こうした場所が今も健在に男体山の反対側の対岸部分にある事自体不思議である・・・ここは、中禅寺湖スカイラインのちょうど登り口に位置しており、立木観音の駐車場から入るが、ボート乗り場などに目をやっているとちょっと見逃してしまう場所なのである・・・周辺には土産店やら、寺、そしてスカイラインへのコースがあって、初めての人には何処へ行って良いのやら戸惑ってしまう場所なのかもしれないが・・・

魅力的なベンチもひなびている探索するには素晴らしいの一言のみ

昼間も鬱蒼とした緑の中で、ここは、内部を見せてくれるために、照明がされているのだ! この写真ではかなり鬱蒼としているようであるが、陽光が強く当たる浜辺と木々で隠れるこの別荘の建物のコントラストが強いためであり、本当に気持ちのよい場所であることには違いないのである。  古いベンチがそのままあったり、何か作られたイメージと感じる諸氏もあるかもしれないが、決してそのようなことはなく自然にこの歴史的な場所が開放されて少し修復されているだけなのである・・・

ヨットとかボートが現れるときもあるモーターボートが格納されている

今もこのようにボートなどが用意されている。 昔はヨットで周辺を対したちが楽しんだと言われているが、ヨットは現在ではなくいモーターボートが近くで係留されているのが見られるだけである。

真夏の陽光が眩しく光る遠く男体山を見る


煉瓦で出来ている暖炉はそのまま、往年の生活を彷彿とさせる!対岸には男体山を望み、素晴らしい風景を現出させているところなのだ!

男体を見るのにはここがベストのビューポイントだ

ここからしか見ることの出来ない男体山の雄大な景色・・・通常はあの山の麓を通過しているだけなのでこうした男体の広大な姿は見ることが出来ないのである・・・しかしここは違う・・・こんなに雄大な光景が繰り広げられているのである・・・「参考写真一覧紹介」枚目 など参考になるでしょう・・・これらは皆イタリヤ大使館周辺の写真です。 驚くほど自然が多い場所なのです!!

 ここに行くのは、それほど大変ではない。 中禅寺湖に到着すると、大きな鳥居が現れるので、そこを左に曲がろう。 そして、中善寺(立木観音)を目指し、そこから少し行くと、湖岸に沿って行ける、細い道が有るのでそこを、道なりに行けば徒歩で、15分ぐらいでここに到着する。 標識がいいので、間違うことは無いだろう。 ただ天気のいい日に行かないと対岸の山々が見えないので注意をしたいところだ!
尚、ここは、イタリヤ大使館別荘記念公園と呼ばれている。
地図:イタリヤ大使館別荘跡