栃木・星野の里

星野の里

ご参考

  最新情報  ★星野の今週を紹介しています   ★ 星の紹介スライドショウ_!  最新情報 ★ 星野の里でまだやっと蝋梅が見頃になったというのに、節分草を気にしている方々がいます・・・ ★ 最新情報  20150308:柿平のセツブンソウが満開になりました。

確かに節分草が咲き出すと素晴らしい時期となりますから・・・ところで節分草が咲いている場所があるということです。 それは、花之江の郷(入園料300-)ということです・・・・周辺には、春の息吹を感じ取る黄色の花、福寿草も咲いており節分草と福寿草を鑑賞できるそうです・・・(20140210現在)  ★ 最新情報  20140203星野のロウバイの開花状況とマンサク開花状態 20130128「星野の里最新ロウバイ情報」「春の蝋梅をめぐるドライブマップ

20120212星の探検館・星野の断層研究室と黄花節分草紹介紹介 20120203 星野の里ロウバイ2012 20120128 星野のロウバイの開花情報

20140119:この星野の里でも花が見頃になってきました! ロウバイが見頃になっています・・・寒さに喘ぎながら寒さに耐えて咲く蝋梅の花の美しさが、とても綺麗です。 この周辺にはロウバイの名所が他にありますが、ここはなんといっても無料で鑑賞出来ることが、素晴らしい条件です。そして個々星野の里では、これに続いて次から次へと花が咲き誇ってゆくのです!  この場所は比較的ゆくのに恵まれており、栃木インターから降りて直ぐに左に向かい、出流の方に向かうと15分位で行ける場所です。 またここから鹿沼の永野ろうばいの里守見頃なので是非そちらも見逃さないようにしてください・・・この星の都長野の間は車で時間的には、20分程度であり、大越路トンネル(参考地図)の手前粗左に曲がって10分程度の場所ですから・・・「ろうばいの里 1」「ろうばいの里 2」「松井田ろうばいの郷 1」「松井田ろうばいの郷 2」「松井田ろうばいの郷 3」 その他参考になるところでは、「栃木市観光協会」のホームページです‥・・・ここでは、タイムリーな花の開花情報が得られます!
★2012年大改訂を行いました! このページは、もうかなり長い間星野の里を見続けた汗の結晶版です。 こよなく愛する筆者がかなり長い間の星野の里とその周辺の記録を紹介しています。 毎年の開花時期などこのページをよく見るとその辺かが分かり今年の開花情報なども予想できることでしょう。 実際、筆者もそのように利用しているページの総集編です。 きっと皆様の大きな参考文献となることでしょう・・・・星野の里は、早春になると人で毎日溢れます。 然し早春の頃は、人はまばらです。 ロウバイ、そして、梅の花、そしてセツブンソウへとその端の連鎖は続いて行きます・・・・とても長い期間にわたりこの星野の里は鑑賞に耐える場所として有名な地域です・・・・

 

     栃木市の北方4km程度行ったところには、日本でも有数の古跡群’星野遺跡’が有ります。 そしてその周辺の農村では、昔から花を愛し育んでいたのでしょう、今でも土地改良などでいじめられていない更地があって、そこには昔からの先祖伝来の美しいか僕が育っているのです。 沢山美しい花が乱舞します。しかし、ここが国有地だと思っている方々が多いようですが、れっきとした個人所有の後に咲いているのを我々は毎年見せて頂き鑑賞しチェいるのです。  特に、ここは、小高い山があるためか温暖であり、栃木県内でも春は、ここからと言えるところなのです。真っ先に我を忘れて、ここにハイクに飛び込む日地が如何に多いかは言った人しか分からないのでしょう。 今年も春が直ぐ目の前まで来ました。 私のホームページでも扱っておりますが、皆様にもっと見て頂きたいページ内容もたくさんあるのでここに一覧を纏めましたから、お見逃しの内容全部見ていってくっださい。  「青竜岳と万葉自然公園かたくりの里」 (NEW) 「星野ロウバイ情報はこちらへ!」 「花と旅は、みちくさ情報へ!」 20100108: 星野の里のろうばい満開!紅梅咲き出しました!20100109: 「松井田ろうばいの郷」ロウバイが満開!「近くのシュウカイドウ見逃しなく!」 ☆☆☆「早春の花を楽しむ」 20110205:「佐野赤見温泉紹介」 「関東花の開花時期一覧表」 「錦鯉センターと蝋梅」 「粟の蝋梅の里」 

 

 

表題 内容 備考
星野の里開花状況      2008年2月22日:毎年、春になるとここ’星野の里’は、賑わいを見せてくる・・・・と言うのも関東有数の遺跡と’自然の花々’が豊富で手が加えられておらず、しかも、この、広く散在しており、誰でも自由に見ることが出来るからである。 今年2008年も、ここ星野の里も、ようやく花の活動期に入ったと言っていいかもしれない。 全般に言って、今年は一月の気温が非常に低く、寒かったので、関東の梅の名所’偕楽園でさえ2週間前後も開花が遅れていることからも伺えるであろう。 2月に入っても、まだ寒く、なかなか外に行くのが、おっくうであったが、偶々、暖かい日和が、あったので、これは、得たりと出かけて見たのである。 そして、今年は、私が見入る恒例の花であるロウバイが、ほぼ満開を迎えており、その他、マンサクが8分咲き程度であった。 梅が一輪か2輪咲き出してうっすらピンク色に空を染めていたのだった・・・・・ゆえに、星野の里では、これから、2週間程度で暖かくさえなれば、開花は急に促進されるとよそうされる。 「青竜岳と万葉自然公園かたくりの里」 (NEW) 「星野ロウバイ情報はこちらへ!」

 
   
星野の里開花状況・NEW      2008年3月2日の現状:前回、星野遺跡の早春の状態を紹介したが、やはり今年は、例年より寒く、未だ余り開花が進んでいないのである! しかし前よりも、多くの人達が来ている事は確かである。 今日は、マイクロバス等で、来ている団体客が、沢山車から降り、アマチュアカメラマンが、ものすごく増えたことは確かである。 星野の里の入り口からずっと列をなしていたのには驚かされた! 昨年と比べても山の色が未だ冬の色を呈しており、寒い風が今日も吹いてきていたのだ・・・・そして、小川の縁の早咲きの桜も、近寄って見ると、その蕾が未だ堅く、閉じており、笑いかけてはくれなかのだ! しかし前回の訪地から、ほぼ10日間が過ぎただけあって、それだけ春の進展があった・・・・・
 
 
 
   
雪割草咲くみかも公園      2008年2月22日:東北道の佐野藤岡インターから直ぐ東側に、[みかも山](三毳山)がある。 この山の正式な漢字は、難しいが、昔から有名な様で、詩歌でも詠まれている山なのである そうした場所が、現在は大きく発展して、地域開発され、この「みかもやま」周辺が、一大観光地化しているのである。 今日は、そうした中「道の駅みかも」から直ぐそばにある、みかも山公園で、「雪割草」が咲いているので、紹介してみたい。 この雪割草は、早春に咲く花々の中でも、珍しい存在であり、福寿草、座禅草、そして、早・・・・
 
 
 
   
栃木星野遺跡とその周辺      栃木県の栃木市から約5km程度北方部に、星野と言う部落があります。 ここは、星野遺跡発掘 (200912月:残念ながらこの考古博物館は現在営業を停止しているので注意!) でも有名であるが、昔から周辺の手つかずの自然があって、そこには、花々が、早春から咲いて、大勢の人達で賑わう人気のスポットなのである。 毎年、春になると、この地域から、「花が咲いたという便」りが、地元紙により報じられるのだ! それ程有名であり、また近県の人達の春待ち遠しい便りなのかも知れないのである・・・・そして、何処からともなく・・・・
 
   
周辺福寿草の花々      栃木市の北部に星野の里という場所がある。 この地域は古い遺跡があることで知られているがそれだけでなく早春の「節分草」などが早くから咲き出すことでも皆に知られているところなのである。 話によると、この節分草は、日本国内でも咲くのは珍しく、貴重な場所なのだそうです。 ご承知のようにこの節分草は、石灰質の場所を好んで咲くため出流山は、特に石灰産出している山であり、当然このような花の恩恵を受けることとなるのでしょう。 この節分草が咲く頃は、「福は内、鬼は外!」 と言うかけ声も・・・・
 
 
 
   
星野の花咲く公園       星野の里は、早春が美しい! 未だ山の木々の色好きが寒く、決して緑色をしていない時期に、何人かが山の周辺にやってきて何かしら見つけている光景を目にするのです。 嘗て、何をしているのか知らなかった頃、この地を訪れたときには、わら屋根の民家があってその周辺に沢山の梅の木とか、ふたまた、そしてさんしゅう、ロウバイと殆どの早崎の春の花々が植えられていたのです・・・・今思えばそのころの方が自然に何かぴったりだったような気もするのですが・・・・栃木のインターを降りて直ぐに左折すれば10っ分程度で到着するこの星野の里、ここに来るまでにも見所は沢山存在しているのです。 しかし今は広い・・・・
 
   
星野部落と紅梅      この星野遺跡周辺にも3月の初旬ともなると、春の梅の花、節分草が咲き始めるのです。 沢山の人たちが、これらの花々を木ながら探索する為に来ていたのです!  しばらくは、こうした花々は、見られそうです・・・・・。  是非ここを訪れて見ては如何でしょうか・・・空気も綺麗で乾燥しています。 都会の喧噪を離れて是非いらっしゃては、如何でしょうか・・・・ まず、この星野の里を少し紹介してみましょう・・・・「星野遺跡(ほしのいせき)は、栃木県栃木市星野山口付近にある縄文海進時代の遺跡である。
      縄文時代の"遺物" 遺物が、田畑の表面のそこらじゅうにちらばっている。付近は永野川流域にあり、永野川に沿って同様の遺跡が他にも散在している。旧石器時代 (日本)" 旧石器時代>の石器に似た遺物が、畑を耕していた・・・・
 
   
四季の里星野      ここ、栃木の四季の里(星野遺跡)には、いま、春が訪れ、多くの人が来ておりました。 前の写真集では、節分草、紅梅、ロウバイ、等を取り上げてありますが、今回は、昔の古里、旧道からの面影を探索したので、興味のある方は、ご覧ください。 暫く訪れていなかったのですが、むかしは、この旧道側から、民家をすり抜けて、入って行ったことを思い出しました。 今ではその、裏側がバイパスとなり、旧道はどこかと探すような状態です。 しかし、今もその姿は、静かに佇んで残っておりました。 何かうれしさがこみ上げてきました・・・・
 
   
星野の里原始の森の紹介      毎年ここ、星野の里では美しくかたくりの花々が咲くのです。 そして毎年、多くの人で賑わいを見せるのです。 例年2月初め頃から色々な花が咲き出して3月の中旬で、一通りの花が咲き終わるというような、経過を辿るここ、星野の里! かたくりの花はと言うと、やはり終わってしまいました。 下に書いてあるように、3月の下旬では、遅すぎる様です。 しかし、その年その年の気象変動もあり、決して一律でないことも確かなのです。 ここ、星野の里では、マンサク、ロウバイ等が、先ず最初に咲き、花の幕開けを飾ります・・・・そして、アズマイチゲ等咲く頃になると沢山のカメラマンが一気に集まって春の到来を告げるのです。 それは・・・・
 
   
星野の里原始の森の紹介 周辺農村風景とハイクコースの紹介です:

     では、周辺から紹介しましょう。前回は、星野の里の西側の紹介でしたが、今回は、東側の昔から有名な所です。この辺も大きな道が出来て、入り口はすっかり変わってしまいましたが、奥の方は、今もひっそりと昔の名残を残していました。「星野ロウバイ情報はこちらへ!」 ・・・・


 
   
 
星野の里原始の森の紹介      現地のカタクリとその他の花々の様子です:ここは、星野遺跡で有名になったところですが、周辺の農家の協力でこのように素晴らしい観光地になったわけです。けっして、大きな土地柄ではありませんが、結構自然が保護されていて美しいところです。 先週もバスなどが来て駐車場がいっぱいになるくらいの観光客が来たとのことでした。
 
小さな旅星野 山々の風景と農村風景の美しさです:

     毎年、春が近づくと、ここを訪れる人たちが多いが、何がそんなに魅了するのか、不思議な土地柄である。 ここは、出流山満願寺があって、有名な鍋山が有るところであるが、最近は、この星野地区から、山が削られていく様子がはっきりと認められてきている。 ちょっと思うには、秩父の武甲山と、非常に、にている形態といえよう。 武甲山は、昔から、有名な画家が、きっそって描いた美しい作品が数々ある。 しかしそうした、中でも毎年山のかたちが変わって行き、多分近いうちに山の山頂がなくなるのも、もうすぐであろう・・・
  ここは、そうした事は、無いにしても、往年から比べると、バイパスが出来て、交通手段がはったつして、旧道に追いやられた農村風景が、何か、私の心を惹いてならない。 今回も、おとずれた場所の、奥にひっそりと佇む農家の一軒家は、昔をしのばせるに十分な建物として、今も残っていた・・・。しかし、遺跡への道には、そうした、想い出は、残っていなかった・・・


 
四季の森の紹介      マンサク・紅梅・ニリンソウのしょうかいです: 星野で見つけた、美しい自然 ・・・・  
佐野・カタクリの里の紹介です      春のハイクの開始からカタクリの状況を案内しています:佐野市の佐野インターから直ぐ側に、三毳山(みかも山)という古から詩に詠まれた名山がある。 この山三毳山は、読み書きが、難しいが、山の形は、なだらかな二つの山が流れるように続く美しい山の形をしている。 その山で、大文字焼きが行われることは、未だ知らない人もいるだろう・・・・(地元黒袴町会の手によって8月15日に行われるもので、黒袴町八幡神社で安全祈願された神火によって点火される。三毳山に縦80m、横60mの「大」の字がみごとに燃えあがります)。 さて、この山では、自然が沢山残っており、最近では、沢山の人がここを訪れに来るのである。 特に早春のカタクリの花は素晴らしく、この山にトレッキングに来る人が絶えないのである・・・・
 
佐野・カタクリの里 みかも山( 三毳山)の紹介と言った方がいいのかも知れません・・・

    佐野のみかも山(三毳山)は、素晴らしい自然に満ちた山です。 そしてその山を開発して、観光を目指し、現在に至るわけですが、例えば、カタクリの花咲くみかも山と言われたときに初めての方は、その山の何処を訪れって良いのか、分からないくらい、そのカタクリの花の咲く場所が、多いのです。みかも山自体それ程高い山でもなく、大きい山でもないのですが、いざ、佐野インターを下りてとまどう方も多いことでしょう! これは、この山が色々な地域で区切られていて、各地域で独自の宣伝をやっていることも災いなのです! 今日は、私の見た山と地形を紹介しますから、是非参考にして、ゆったりとした旅を味わってきてください。 先ず佐野のからくりの花を、見て頂きましょう! 「佐野カタクリの里・東口紹介」     20090319:「みかも山カタクリの里、開花情報「どまんなかたぬま関東道の駅」


 
大柿のカタクリ      ここは星野に近い大柿の里のカタクリ等の花です・・・・都賀の大柿と言う地域がある。私は、あまり知らなかったが、ここにhもカタクリの花が咲くというと言うことで、訪れた。所がここは、なんと一般の道路から直ぐ脇にカタクリの群生しているところがあるのだ。 驚いた!
  普通は、カタクリ群生は、佐野のようにかなり時間をかけて登らないと見ることが出来ない、所がここは道からわずか20メートル足らずで、その群生地に到達するのだ!! 本当にカタクリを見たい人たちにはとても良いところである。しかも周辺は、空気も良く、陽光が差し込むカタクリの姿を見ることが出来るのである。今は時期的にも、桜が咲き出して一番良いときである。私がこれからその・・・・
 
都賀の里など      前のページで紹介した大柿の里からほんの目と鼻の先に、都賀の花彩々が行われる所に都賀の里がある。 ここは、結構子供達が遊べる所があって、普段からも客の誘致が行われているところである。 地理的に見てもインターの合流するところで、知名度も高くなっている。 昨日も駐車場を増やしている姿がみうけられ、町全体で観光誘致を行っている姿が見受けられた。 もし皆様がこのどちらかに行くときには、この紹介したところを是非全部訪れてほしい。 全く直ぐ側であるからだ。・・・・
 
大谷城山小学校の近くの桜です      ここには、この時期に咲くカタクリの群生地が有るのです。・・・・ 今日(20070407)は、宇都宮市内の桜が、殆ど総て満開となった。 待っていると、なかなか花は咲かないものであるが、不思議と咲き始めてしまうと、それ以降は、いたって早いもので毎年、驚かされるのである。  写真の’孝子桜’は、大谷観音から数キロ西に向かったところにある有名な古木の桜である・・・・・なんと言っても特記に値することは、この木が、小学校のグランドの真ん中にあると言うことなのだ! 実は、この学校’城山西小学校’は、古賀志山という市民に愛されている山の麓に有る学校である。 この脇道を辿ると、この山を登るハイクルートに至るわけだ。  市内の花の様子は、大谷平和観音、大谷寺、多気山、城山西小の孝子桜・亀井家の桜・北条家薬師堂桜、柴田家の桜等々多少の差はあれ、総て満開に至っているのだ・・・・

 

 

     毎年同じ事が繰り返される自然の営み・・・・今年ももうすぐ年が暮れて、新年が参ります。 すると何処とはなく、春の予兆が感じられて、美しい花々が咲き出すのです。 何時とはなく、特にこの地域は、素晴らしい花が沢山あって、自然に恵まれ、育まれてきた地域です。まあ、言ってみれば、春が一番の誘われる土地柄なのでしょう・・・・沢山の人が早春の未だ寒さの緩まないうちから、この地域に観光、探索に来るのです。本当に素晴らしい場所といえるでしょう。

 

この地域には、未だ知られていない素晴らしい場所が沢山あります。 その中の数カ所を、紹介しておきましょう。 先ず、この地域は、今でも山から石灰を産出しており、かなりの工場があります。 まあ、言ってみれば秩父と同じような土地柄です。 そしてその山の中に出流山満願寺があり、周辺はソバ屋が乱立する珍しい観光地です。 こんな山の中にこんなに沢山そば屋があるなんて! と思うくらい沢山のそば屋が建ち並んでいるのです。 その中の一つでは自分の裏山で、春の節分草が咲くので自由に見せてくれます。 ソバとお寺と花の組み合わせは、本当に素晴らしい者と思われます。 また、いわれに寄れば、この出流満願寺と出流が原弁財天湧き水は、共通する流れが存在していたようです。 山間地で、このように石灰の取れる場所は、湧き水が素晴らしい場所が多いのです。 ところで、湧き水は、栃木県内では、少し北になりますが、有名な高原山中からの湧き水が有名なのです。尚仁沢の湧き水というのです。 今では、この水をくみに来る人で混雑しています。

栃木県みちくさ情報へ戻る

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.