箱根旧街道 旅

栃木県みちくさ情報 ->箱根旧街道 旅

箱根旧街道 ドライブ

20140511箱根湯本から箱根関所まで

途中畑宿、等がある、小田原三島間が約32km、ここは箱根旧街道の旅と称する場所です、箱根登山バスを利用すると15分で380-、この畑宿は昔の人が箱根声の時に一息入れた場所と称されているのです。

名称が黄色でちゃいrとの歴史的なバスのストップ看板ができていてよくわかります。ここからすぐに、箱根旧街道のが始まり畑宿一里塚があります。この場所は一里塚であり土盛がしてあって気が飢えに飢えられており、お江戸日本橋から23里目に位置しているのだそうです。 ここは、豊富な木材の産地ということでここ箱根の畑宿では工芸品が多いのです。 箱根より木細工の店が軒を並べ多くあり伝統工芸品として珍重されているのです。 昔私もこの寄木細工を買って村井、秘密箱としてしばらく捨てられなかったことがあります。 特に入れるものはなかったのですが、忘れられない思い出の品でした。 しかし、その寄せ木が薄い皮で出来ているということを知らない方々もあるのではないでしょうか・・・最近では少し色合いが異なってきており近代的と言っても良いのかもしれません・・・

箱根概要図

ここではすぎや、という店が有名なよう です。この寄木細工は、一般的には秘密の箱などがありましたが、今では、かなりデザインが異なりワイングラス12000-、というようなものまであるのです。 寄せ木体験の出来る店もあるので楽しんでみてはいかがでしょうか。 コースター作りで700-ということですから体験今日sh実もたあのシミの一つとなるのでしょう・・・。 ここでは又、マス釣り、清流などという場所もあってアウトドアーはには喜ばれている場所の一つです。 決して大きな川ではないにしても、きれいな水が流れる渓流がああって大小石も多くある場所。 ちょうど塩原温泉の渓流を思い出させるよおうな心地です・・・

これならいろいろな魚がいることは見ただけでお分かりいただけるでしょう。 ここは九十九川を利用して出来ているのだそうです。 名称は、畑宿清流マス釣り場、と呼ばれています。石の上にちょっとした日除け傘があってその下で釣った魚を食すといったことができるように鳴っておりはこねとしてはちょっと変わったアウトドアーの体験です。

中央には行き来する端が赤かっており対岸に行けるのです。多くの老若男女が競って釣りをしている光景が見られます。釣り竿レンタルで一名3700-というコースです。にじます。すぐそばには道路があって車が走っているのが見えるのでそれほど山の中ではないのです。まあ、ここは釣り堀なので肴を見ながら取れるのである。 炭火でニジマスを焼いて市大を降って食べられるのです。約15分程度の今時・・・。畑宿を後にして三原市茶屋絵、10分で190-。ここは、コースから言うとほぼ全コースの半分まで来たことになるのです。こうしてみると箱根はそれほど広いエリアではないことがよく分かります。 

この見晴らし茶屋からは、相模湾の光景もひと目で見ることができます。 大きくとった駐車場になっており、この茶屋がいかに昔から皆に利用されていたかが思われるのです。 大観山越しに見るこの場所は標高1000m,甘酒の店、箱根名代の甘茶茶屋、などという看板にも目が眩みます。 現在では一軒しかない茶屋も、昔は4件もあったという、400年続く茶屋。 独特の旗がひらめき食欲を誘います・・・甘酒400-、これらの餅は毎日ついて作り備長炭で香ばしく焼いているということです。 これらは、まろやかな、自然の味で砂糖など添加物は一切入っておりません。 力持ち、いそべ、450-、うぐいす450-、味噌おでん自家製味噌で400-、などが販売されているのです。 

そして、少し歩くと、箱根元箱根までおよそ一キロが現存しているのだそうです。続いているという箱根の旧街道が道から急に別れます。ここは杉の木が多くいあり石畳のコケラの生えた道が続くのです。 歴史を思い出させます 。この道は、雨が降ると道が崩れてしまい歩行困難になるので江戸幕府によって作られたのがこの箱根旧道石畳だったそうです。 ここでは結構こうした道を外国の人達があるって楽しんでいる光景が見られるのです。40分ほど歩きやっと前方に芦ノ湖が見え隠れしてきます。

この箱根旧街道は、元箱根、箱根峠を得て三島に至ると石の石碑に刻んであるのです。 これをみるといまもむかしもこころ潤す情景が目にはいってくるのです。 そして海賊船などが見えてきて、やっと本当の芦ノ湖の風景に出会えるのです。 そしてちょっと目を遠くにやると白栲の富士の峰が気高く見えてくるのです。 それほど歩くこともなくいつの間にか真っ赤な鳥居が現れます。 そしてその周りには、蕎麦屋がたくさんあります。絹引のそば本店、深生そば、などというみせさきをつうかします。この周辺からは、再び街道筋と平行してはやしのなかのみちがほんどうのかたわらにあるのでほこうしゃはこれをりようしてあるけます。

石畳の道に続いて杉並木の街道が、これは500m程度であるがとても歴史を感じさせてくれるコースです。幕府の名で植えられたものでおよそ400本が残っているのです。 しかしやはり日光の杉並木には迫力マケするのです。 400年ていどの杉の木が残っているのです。   ここの道の良い所は、杉並木から外を見ると芦ノ湖が見えるという光景でしょう・・・走行しているうちに、箱根のせきしょに到達します。 この道の先には、急に開けた観光地箱根関所あらわれるのです。 いまも、黒色の屋根がああらわれて、当時のおもかげが、そのままさいげんされているのえです。 江戸幕府が作った最大級のものであり入場料は500-。

7年前に古文書とか発掘調査を元に再現された姿だという。獄屋(ごくや)PRISON(JAIL)ということでできているばしょがあります。入鉄炮出女 江戸に入ってくる鉄砲(「入鉄炮/入鉄砲 」)と、大名の家族の女性が江戸より出て行かないように江戸から外に出て行く女(「出女」)、特に注意して取り締まられたという 遠見番所という山の上に立って番所もできていてとうじのおもかげがことごとくさいげんされているのです。東御番所まで登るとさすがに見晴らしはよくふじさんもよくみえてきます。

箱根八里の道半ば・・・このような光景に出会えるのは、いまも昔も、幸福なことだったのでしょう・・・。箱根関所からバスで東芦の湯に10分程度、360-。箱根七湯芦ノ湯温泉(ここでは看板が2つ書いてあってゆのはなおんせんのほうこうもあなじである。又、箱根17湯http://travel-navig.com/kanto/kanagawa/onsen/hakone7tou.htmlもある)鶴鳴館松坂屋本店に宿泊。

古典的なホテル型式の場所。れきしがかんじられます。350年余りの歴史があるという江戸時代創業の宿。歌川広重による絵ではそのちょうちんにこのやどのなまえがかいてあることからもそのれきしがしのばれるのです。宿の入口を入ると歴史のぬくもりがいたるところで感じられ、やや暗対天井と茶系レルのフロアーで出来ている構成はれきしそのものです。フローアーにおいてある行灯形式の丸い電球もやや倉田区部屋を照らし旅人の安らぎをあたえてくれるのです。

木戸孝允 と西郷隆盛の両氏がここでたいだんしたというれえきしてきなきねんじゅがのこっています。3200坪、へやは、膳18室 23250-から。ちか70mからわきでるじかげんせんがあるやどであり、すばらしいのです。コバルトブルーのゆで芦刈の湯が大きな湯船、もちろん其の他の湯でもあるが、泉質ががん硫黄かるしうむ・なとりうむマグネシウムー硫酸塩泉・たんかすいそせんといわれている。 効能はと言うと、神経痛、筋肉痛、かんせつつである。透明とはいえ少し濁った感じの黒色の温泉と称すればよいのかもしれない・・・其の他、この時期小田急の山のホテル、。・・・この頃旬を迎える有名なツツジ、ここでhあツツジシャクナゲフェアーと称して盛大にこの時期行われる祭り。 4万5千坪の庭園に約30種類の三千種類のつつじがみなをむかえているのです。5・13にちころがまんかいのじきです。 ここから見る富士の高嶺もすばらしいです。

ここ山のホテルでは庭園見学料が800-、かいさいきかんは5がつげじゅんまでといわれています。ここでは其の他、魅惑のスイーツとして、サロン・デ・ロザージュで、ツツジノサバラン(ドリンクセット付きで2136-というのもいただけるのです。又箱根湯本にオープンした箱根湯寮、大浴場は1300-でいろいろなふろにはいれます。貸し切り個室露天風呂3800-から5800-というのもあります。ここでhあ泉質がアルカリ泉で単純泉、効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛などです。