足利フラワーパーク

足利フラワーパークの藤の花の美しさ

ご参考 ★ 花菖蒲,あじさいまつり2014−7−6日にまで・・・(1)オトクな情報:6月5日の新部員の折込チラシに半額券、苗プレゼント権があるのでお得です。 ★  お得な情報:あしかがフラワーパーク・・・入場料がただ! 「県民の日、2015年6月13,14,15日は、身分証明書を提示して無料入園日!! 

特選情報  ★20150429: 全国屈指のフジの名所として知られる足利市迫間町の「あしかがフラワーパーク」で今日、樹齢約150年の大フジが、見ごろを迎えました。
同園は4色のフジが順次開花する。現在、高さ 3.5M 2000平方mにわたる紫の大フジと桜色のフジが咲き誇つているという。 フジは来場者の1で風に揺られ、甘い香りで園内を包んでいる 。同園は昨年、米国のCNN放送の取材を受けて絶賛されているところ!   

 20140322 足利西渓園の梅開花状態7分咲きであと少しで満開を迎える! 201005月に入りついにあしかがフラワーパークの美しい多くの藤の花が満開を迎えているのです・・・・はっきり言って黄色系の花は未だ一寸早いようですが、全部を見るためにはこの時期をはずすと見ることが出来なくなるのです。 

今回も風に吹かれるとある藤の花は散りはじめているくらいですから、本当に美しい花の時期を満喫するのには、入場料の一番高い今の時期しかないのでしょう・・・・今月も少し建つと一挙に入園料は安くなるのです! とにかくこの日は沢山の人で賑わっていたのです。 よくもこんなにもこの公園内に人が入れるものかと驚くくらいでした・・・・花は絶叫するくらい素晴らしくんひと美とは写真を撮ったり、その芳香を楽しんでいたのです! 今日は、前科未だ紹介していない写真の中から紹介してみようと思います。第二段のあしかがフラワーパークの様子と言うことになります・・・・★参考 「もうひとつの足利フラーワーパーク紹介

     ここは藤ばかりでなくつつじも見事ですから藤ばかりにこだわることはないでしょう・・・・しかしなんと言っても見たこともないような長尺の藤の花が、棚の上から地面近くまで下がっているので皆驚愕するのです! それも一本の古木から出ている藤の花の群落ですからそれはそれはすごいのです・・・・  北関東の素晴らしい隠れた紅葉名所一挙公開 20110519富士芝桜5分咲き・見頃に入る 織姫神社  20130314 「満開の筑波梅林」 20130518足利名草巨石群の紹介

 

     切符売り場の朝の情景です・・・・丁度9時頃だったので未だ出店の準備作業も行われていました。 そして奥に見えるのが切符売り場となります。 未だここはそれほど並んではいませんでしたが、西側の入り口は大勢の人でごったがいしていたのでした・・・・・

 

     ここは、大きな池が4つほどあってそこに橋が掛かっていたりして周辺を楽しみながら歩くわけです・・・・今、はやりの芝桜の公園とは異なり水の中に落ちると大変ですから込み合うときには、きおつけましょう・・・・

 

     これは入り口の直ぐ傍にあるみやげ売場です・・・・ここは入場すると直ぐにこのような場所に一度通されるのです。 帰りのみやげを先に見ておくと言った感覚で見ておけばよいのかも知れません・・・・

 

     このように天候の良いときには、日陰が大藤の下以外あまりないので女性の方はそれ相応の準備が必要なのかも知れません・・・・それにしても何でも売っているのですが、皆の愛好するクリーム類は行列で買わなくてはなりません・・・・どうぞ、お心おきを・・・・流ぴなすも満開を迎えており色々な花を観賞できました・・・・

 

     ここは、比較的食事をする場所が多く、食堂室内が一つとそのたこのような野外食堂が3箇所いじょうあったような気がします・・・・ただ歩き疲れた頃にこういう場所にはいるので、汗だくになって食しなければならないのでその点は、知っておくに限ります・・・・

     花の纏まった場所を近くに引き寄せてみるとかなり色々な色の花々が構成されて植えられていることが分かります・・・・中央の煉瓦風の花瓶も花と暑さに負けまいとしてがんばっているようです・・・・

     ここに来る年場桜の色も一寸面積が狭いせいでしょうか・・・・あの迫力が見えてこないようでした・・・・こういう藤の花が主体の公園は、少ないのでしょうから、そう言う観点では、足利フラワーパークは貴重な存在なのでしょう・・・・

     藤の花をバックにしてつつじ群落を見て見ました。 ご承知のように藤の中を大方の人たちは通過してこのような外側は往々にして見忘れているようです・・・・藤ばかりに目をやらずにその他外の風景も楽しんだ方がよろしいでしょう・・・・

     足利フラワーパークは、春の一番綺麗ななの花が咲き乱れる川の周辺地にあるのです・・・・ここからは、旗川、渡良瀬川が直ぐなので初旬には好きな人たちは好んでこの周辺には来るところなのです・・・・しかし知らない方々には、ここに足利フラワーパークがあるなんてつぞしる余地もないことなのでしょう・・・・実際、地形的にその周辺からはこのフラワーパークは山の陰になっていて見ることが出来ない場所にあるのです・・・・

     池と芝桜とつつじと花と色々な物の混植です・・・・あまりにも色が強烈ですからそれに目が慣れてしまい帰る頃には、その色の強さから眼が解放されておりあまりkyほうれつに感じなくなっているのです・・・・本当に不思議なくらいです・・・・

     しかし、やや丘の上から見ると以下に多くの人が来ているかが分かるでしょう・・・・藤木の下が一番人気ですからとにかく抜けるまで時間が掛かります。

     大藤の下で上を見上げる人たちの様子です・・・・皆、はなに見とれていてなかなか咲きに動かないのが特徴的です。 この場諸派夜間は光による照明がなされて、入場料も安くなるのです。朝7時から4時までが昼の料金、4時以降が夜間料金になるようです・・・・

     これはそれほど望遠的に引き寄せていないのですが一番賑わっている沼の周辺です・・・・何段にも花が重なって素晴らしい光景をつくっています。 出来るだけ同じ場所を2回程度回ると見忘れていた場所があることに気が付きます・・・・出来ればソウした見方が正しいのでしょう・・・・入場時に切符と園内の地図をくれるのでそれを参考にするのも良いのでしょう・・・・

     西口の入り口のところを園内から見ている光景・・・・ここは、北と南から車で入場した人がまとまってくるので、どうしても込み合ってしまうようです・・・・そう言う店でも正門の方に言ってからはいるのが正しいのかも知れません・・・・

     氷水でも何でも売っているのでその店は心配ないのですが、松心がけが必要なようです!

     大藤の下で花を楽しむ人々!・・・・ここに紹介している花の写真は、前回よりもやや華やかな写真を紹介してみました。 こういう場面でも5月にはいるととても鮮やかで心に残る素晴らしい楽園だと言うことがお分かり頂けるでしょう・・・・まだまだ見頃は、つずくのです・・・・さあ、皆様はこのどれに焦点を合わせて見に行くのでしょうか?・・・・それは、これからこれらの写真紹介を参考にして、決めて一番良い時に訪れて下さい!  「足利フラワーパーク_1」もご覧ください!

>