あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

 ☆足利フラワーパークでは、大藤の展覧が終り、花菖蒲アジサイ祭りが、2日から始まるました。 見頃は、6月半ばから7月初旬まで・・今朝、宣伝広告が入りましたね!・・・・・・・

1) ☆アクセス混雑回避方法: ご参考20170501:市は4〜6日の3日間、迫間町のあしかがフラ ヮーパークを訪れる人を対象 にパークアンドライドの実証 実験を初めて行ぅ・・・JR両毛線を使って 同フラワーパークに行っても らろ。利用者には同フラワー パークの割引券券を提供するそうです・・・兎に角道路が混雑しますから・・・

  今年もフジの花が見頃を迎えるで、今回の実験は鉄道利用促日午前9時〜午後6時。駐車 ゴールデンウイクの時期に進策の検討が目的。 料金は同広場が日円 観光客が車で訪れるために・・・同センターは無料。 JR足利 駅周辺の2力所の駐車場に車 を置き、JR両毛線を使って 同フラワーパークに行っても らう。 富田駅まで、¥200-で、足利駅からは7分かかる。 このフラワーパーク駅は、数年で完成する予定という・・・足利市画政策課 TEL0284 • 20 • 2104

2)切ってシート・・・ 2017 ふじのはな物語」を販売し ている・・・足利市 内全郵便局と日光市内2箇所の郵便局で販売し、7日 まではあしかがフラワーパ一ーク内のi出張所でも買 うことができるという・・・


JRの宣伝例:樹齢150年におよぶ大藤と、四季折々の花が約9万2000平方mの敷地に咲き乱れる「花の楽園」。春は600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤のトンネルなど、350本以上の藤が咲き誇り、50万人以上が訪れる。同時期に見頃となるクルメツツジのほか、初夏のバラ、クレマチス、シャクナゲ、ハナショウブ、夏のアジサイ、スイレンなども見事。秋には2万株のアメジストセージが園内を紫色に染め上げる。冬期はイルミネーション「光の花の庭」が開催される。

 :20170524:足利フラワーパークの藤の花も大藤以外は、 見ごろになってきました・・・つつじもきれいです・・・大藤の咲くのももう直ぐでしょう・・・

一般的に足利フラワーパークの大藤は、5月22日ごろまでが見ごろです! 比較的長い間見られますが、外国でも有名な大藤(紫色は、今頃が最も見ごろであり、これからは、白色の長さ80mの白い富士の花です・・・夜間ライトアップも行われるので、ほんとうにどれをみてよいやら、困ることでしょう・・・★20160607:足利フラワーパーク・・・「栃木県優待日決定」・・この日は、無料では入れる・・・6月11,12,15日が、感謝祭の入園料無料日です・・・

 

   栃木県あしかがフラワーパークを、一度はこういう時に訪ねてみたいと思っていたのですが、やっとその日が訪れたようです・・・・今日は、連休後の初めての日曜日・・・・多少の混雑があるかと予想はしていたのですが、やはり足利に通ずる県道にはいるともう車は長い数珠繋ぎの様相を呈していました! それでも日光の戦場ヶ原の混雑と比べれば、まあそれほどでもないのですが、暫くぶりでこのような混雑に遭遇したのです・・・・ 車を見ると、やはり佐野インターから下りて来た首都圏の方々が多数来ているのが見受けられました。 天候にも恵まれてそれはそれは多数の方が、この栃木県あしかがフラワーパークで花の観賞に来ているのでした!

 

★ [足利フラワーパーク_2]・・・・・ 20130314 「満開の筑波梅林」 20130518足利名草巨石群の紹介

 

あしかがフラワーパーク

   栃木県あしかがフラワーパークは、この時期に訪れると駐車場をみつけるよりも、ここに来るまでが大変です・・・・道路がつながっているからです・・・・このエリアは、春には渡良瀬川に流れ込む川があってその流域に菜の花が咲いて素晴らしい場所なのですが、そういうところにこの公園は立地しているのです。 

    栃木県あしかがフラワーパークに南側の入り口から入りました・・・・ここは、菜の花の綺麗な旗川の一寸西側にあるところなのでやはり 湿地帯があるのです。 そしてこの川の両側が田圃なのですが、今は駐車場で借りたのでしょうか、田圃全体が車の置き場です! どんどん車と人が来ますがそれでも車のスペースは、ある様です・・・・駐車場に心配はないようです。 しかしここにはいるまで少し忍耐がいるでしょう・・・・朝方は9時前でも道路が数珠繋ぎですが11時頃には少し空いてくるようです。これはその日の状態によるようです。 誰も涼しいうちに見て他に行きたいからでしょう・・・・20110519富士芝桜5分咲き・見頃に入る

あしかがフラワーパーク

     この時期の栃木県あしかがフラワーパークの見所は、なんといってもこの藤の花でしょう・・・最も藤の花がこの公園のメインイベントですから・・・・いろいろな藤の花の色があってそれらをひとつ見ようと人が集まってくるのです・・・・確かにこれだけの大きな藤の花はそこらでは見ることはできないでしょう・・・・藤の花が地上すれすれまで伸びて咲いているのですからそれはそれは圧巻です! ツツジの花とふじの花そしてその他の花々が競演しているのでその迫力は素晴らしいものです・・・・

 

ここ栃木県あしかがフラワーパークには、西門と正門がありますが、西門は入場券を買うのに込み合っており正門の方へと案内がありました・・・・確かに正門から入った方が入場券購入は早いようです・・・・券を買う列が多いからでしょう・・・・入り口には色々な藤が咲いて展示されていますが直ぐにみやげコーナーへとはいるようになっているのも面白い構成です・・・・

 

あしかがフラワーパークの大藤

     この藤の花も大きな物以外にも沢山あるので何も一番混雑している場所に長くいることはないのですが、それでも最大のイベント部分には、人の群れが集まっているのです。 皆下方から仰ぎみて、こんなに大きな藤は見たことがないと絶賛しているのです・・・・

     そして直ぐ庭園内へとはいるのですが、ここは今正に、藤が素晴らしい一番時ですから大藤だけでなくその他小柄、中柄の藤の木が至るところで生育しているのです・・・・あまりあわてて写真を撮らず暫く歩いてから写真を撮るとあまり混雑しない場所が見あたります・・・・この栃木県あしかがフラワーパークの入り口付近はとにかく込み合うのです・・・・

 

あしかがフラワーパークの池とフジの花

     当然、ここは花の庭園ですから色々な花々が咲いているのですが、あまりにも藤の花が大きく強大なので、その他の花々が圧倒されているようです・・・・一般の公園の美しい花々も沢山あるのですが一寸よく見ないと実はぐれてしまいそうな園内です・・・・

 

あしかがフラワーパーク

     藤の花は、ここにあるのは種類が良いせいでしょうか・・・公園でよく見かける花とは全然異なり色も良く長さも長いのです・・・・それはそれは一見する価値があるようです・・・・つつじも色々な花が咲いているのですが、ここでは一寸その王座は奪われているようでした・・・・

     南側の高台から北の山々を展望している様子です・・・・あの山の麓には、栗田美術館への道が走っているのです・・・・しかしここの面白いところは、道からは殆ど湖の庭園内が見えないと言うことです・・・・良く出来ているというか、隠してあるというかその点は分からないのですが、結果的には、この栃木県あしかがフラワーパークは、良くできていると言うことなのでしょう・・・・

あしかがフラワーパークの美しい花々

     小さな池から大きな人工的な池まで沢山なって色々な場所からそれらを見ることが出来るのです・・・・一寸昔モネーの庭園が美しいと言われていましたが、睡蓮も咲いてはいましたが、モネーの絵画ほどは美しくありませんでしたが、それに似た丸い太鼓橋のような絶景も用意されていました・・・・そして、のどが渇いて何か買おうと思うと人が数十人並んでいるのです! 丁度万博には行ったような気持ちになるのです! 勿論、花の一番綺麗な時期は今だからこそ、これほどまでに込み合うのでしょう・・・・もしこの数週間のうちに行く方々は、その辺のことを考えておいた方がよいのかも知れません・・・・

周辺探索 

名産品など:足利は色々なものが販売されています。 そして有名品があります。 その中から選りすぐりのものを紹介しておきましょう。

香雲堂本店: 古印最中が有名、瓦せんべいなども販売されている。

舟定屋本店 ここは織姫神社の側で芋ようかんが有名  「その他名産品」はこちらから!

 

その他の関連情報

    ★ 花菖蒲,あじさいまつり2014-7-6日にまで・・・(1)オトクな情報:6月5日の新部員の折込チラシに半額券、苗プレゼント権があるのでお得です。 ★  お得な情報:あしかがフラワーパーク・・・入場料がただ! 「県民の日、2015年6月13,14,15日は、身分証明書を提示して無料入園日!!

    20140322 足利西渓園の梅開花状態7分咲きであと少しで満開を迎える!  北関東の素晴らしい隠れた紅葉名所一挙公開   足利フラワーパークは、佐野インターから比較的直ぐに行けるフラワーパークとして現在に至っている。「もうひとつの足利フラーワーパーク紹介

    このあしかがフラワーパークの歴史は古く、もう何十年と年輪を重ねているだけあってその園内には銘木が沢山あり、中でもその藤木が素晴らしい色で咲き乱れているのです。 織姫神社

       今日、20100509は、この栃木県あしかがフラワーパークの入園料が1600円となっている一番高い日です・・・・この理由は、紫白黄色の藤そしてつつじも満開というわけで園内が満開ブームに湧いている時であり入場料金が通常よりも高額な日なのです! 

    特選情報  ★20150429: 全国屈指のフジの名所として知られる足利市迫間町の「あしかがフラワーパーク」で今日、樹齢約150年の大フジが、見ごろを迎えました。
    同園は4色のフジが順次開花する。現在、高さ 3.5M 2000平方mにわたる紫の大フジと桜色のフジが咲き誇つているという。 フジは来場者の1で風に揺られ、甘い香りで園内を包んでいる 。同園は昨年、米国のCNN放送の取材を受けて絶賛されているところ!  

 

 

▲ページの先頭へ